アスペルガーと二次障害-睡眠障害

 

睡眠障害

 睡眠障害とは睡眠にまつわる様々な障害です。アスペルガー症候群の人は睡眠障害のうち、入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒といった不眠症に陥りやすいです。

 

 アスペルガー症候群の人は日頃他人から非難を受けたり、落ち着いて過ごせなかったりするため、不眠症になってしまうことがあります。なかには子供の頃から不眠を抱えている人もいます。
 具体的な不眠症の症状には次のようなものがあります。

  • 布団に入ってもなかなか寝付けない…入眠障害
  • 夜中に目を覚ましてしまう…中途覚醒
  • 朝早く目が覚めてしまう…早朝覚醒
  • 睡眠時間のわりに眠った感じがしない…熟眠障害

 

 このような睡眠障害が続くと当然健康面に悪影響がでます。体調面の悪化から、さらにアスペルガー症候群の症状が強くなることもあります。睡眠障害があらわれるようなら、医師と相談しましょう。薬物治療が効果的ですが、効きすぎる人もいるため、量には十分注意し、医師の処方を守りましょう。また、本人が落ち着いて過ごせるように周りも配慮してあげる事が大切です。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

アスペルガーと二次障害-睡眠障害関連ページ

うつ病
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページではうつ病を紹介します。
強迫性障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは強迫性障害を紹介します。
PTSD
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページではPTSDを紹介します。
PTSD
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは社会不安障害を紹介します。
摂食障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは摂食障害を紹介します。
心身症
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは心身症を紹介します。
自傷行為
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは自傷行為を紹介します。
二次障害を防ぐためには
アスペルガーの二次障害を防ぐために気をつけたいことを経験をもとに紹介します。
カサンドラ症候群
カサンドラ症候群は、アスペルガー症候群本人が陥る症状ではなく、アスペルガー症候群を持った配偶者と適切な意思疎通ができないことがきっかけで起こる症状です。