「アスペ」な大人

 

発達障害におけるアスペルガー症候群

 発達障害におけるアスペルガー症候群の位置づけを紹介します。

 

発達障害は、自閉症、LD、ADHDなどの総称

 発達障害とは脳の機能不全が原因としておこる障害のことです。うつ病などの気分障害は心理的要因が原因となりますが、発達障害は主に先天的なものを原因としています。
 発達障害には、自閉症、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥・多動性障害)といった障害が属しています。=>アスペルガー症候群の原因

 

アスペルガー症候群は自閉症の中のある特性を持つ群

 自閉症の大きな特徴は「対人関係が困難」「言葉による意思伝達ができない」「行動に極端なこだわりがある」です。
 自閉症のうち、知的障害を伴うものが4分の3を占めます。しかし、中には知的障害を伴わず、決して知的能力が低くないものがあります。これが高機能自閉症です。
 この高機能自閉症の中で、発達障害の大きな特徴である「対人関係が困難」「行動に極端なこだわりがある」は見られるが、「言葉による意思伝達ができない」は見られないというものがアスペルガー症候群です。
 これが発達障害全体におけるアスペルガー症候群の位置づけです。

 

最新の「精神障害の診断と統計の手引き」(DSM-5)では、自閉症と高機能自閉症、そしてアスペルガー症候群が同じ症状を持つ連続体「自閉症スペクトラム」として扱われています。

頼まれると断ることができない大人の発達障害

 発達障害は幼児期や小中学生が発症することが多い病気ですが、成人してから発症する「大人の発達障害」も増えています。
 学生時代は優秀で勉強もスポーツも優れていたのに、職場では仕事ができなかったり、遅刻をくりかえしたり、会話ができなかったりするなどの困ったな特徴があります。
 とくに、コミュニケーション能力や社会性、想像力に欠けていて、社会に適合することを一層難しくさせています。

 

 人に頼まれると断ることができないというのは、大人の発達障害のよくある症例です。残業を断れなかったり、無理なスケジュールにも関わらず仕事を引き受けてしまったり、お金を簡単に貸してしまったりします。その結果、自分の首をしめてしまい、労働過多で倒れてしまったりします。

 

 大人の発達障害の人は、成績が良かったことが災いして、本人も周囲も病気とは気づかないことが多いのです。
 発達障害には、知的障害を伴うものや伴わないもの、アスペルガー症候群や高機能自閉症といった自閉症スペクトラムなど、さまざまな症状があります。個人差も大きいので、専門家で受診して適切な治療を受けることが大切です。=>アスペな大人-治療について

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院