アスペルガーと二次障害-心身症

 

心身症

 心身症とは、ストレスや不安、悩みなどによって身体に様々な不調が現れる病気の総称です。胃潰瘍、過敏性腸症候群、緊張型頭痛などがあります。

 

 アスペルガー症候群の人は人間関係でトラブルを起こしやすく、その不安やストレスのために心身症が現れることが多いです。

 

 過敏性腸症候群とは、潰瘍やポリープなどの病変がないのに下痢や便秘などの症状が現れるものです。出勤途中にお腹が痛くなって、遅刻や欠勤に繋がることもあります。仕事の不安が原因となって発症することが多い病気です。

 

 緊張型頭痛とは、頭を強く締めつけられているように感じる頭痛です。ジワジワとした連続的な痛みを感じます。精神的なストレスが原因になることも多く、心理療法や認知行動療法が有効なこともあります。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

アスペルガーと二次障害-心身症関連ページ

うつ病
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページではうつ病を紹介します。
強迫性障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは強迫性障害を紹介します。
PTSD
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページではPTSDを紹介します。
PTSD
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは社会不安障害を紹介します。
睡眠障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは睡眠障害を紹介します。
摂食障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは摂食障害を紹介します。
自傷行為
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは自傷行為を紹介します。
二次障害を防ぐためには
アスペルガーの二次障害を防ぐために気をつけたいことを経験をもとに紹介します。
カサンドラ症候群
カサンドラ症候群は、アスペルガー症候群本人が陥る症状ではなく、アスペルガー症候群を持った配偶者と適切な意思疎通ができないことがきっかけで起こる症状です。