アスペな大人の特徴

 

夢中になると話し続けてしまう

 アスペルガーの私は、自分の好きなことを夢中になって話してしまいます。話し相手のことも考えず、自分が何を話していたのかも覚えてないくらい、夢中になって話します。何か相手が話しかけてきても、的はずれな返答をして、また自分の話をします。

 

 会話は一方的で、相手の話には興味を示しません。言葉のキャッチボールがうまくできないですし、しようともしないのです。
 話し方もアスペルガーに特徴的なもので、抑揚がなく、会話の間もなく、話もあちこちにとびがちです。

 

 会話中、人の話を遮って、いきなり違う話を始めてしまうこともよくあります。好きなスポーツの話をしていたのに、急に好きな食べものの話をしてしまったりします。困惑する相手をよそに、ひとりで話し続けます。相手の唖然とした顔など気にもなりません。

 

 周りが見えなくなるくらい夢中になってしまうことは、アスペルガーの特徴の1つでもあります。

 

 そんな時、私は人との距離感がうまくつかめなくなってしまいます。これもアスペルガーの特徴の1つです。
 相手に近寄りすぎたり、じっと目を見つめてしまったりします。相手は、その勢いにびっくりしてしまいます。

 

 相手が口をはさめない勢いでしゃべってしまい、周りが”ひいて”しまいます。そして、「○○さん!もうその話はやめて!」とハッキリ言われるまで、気づかないのです。

 

 あなたにはこんな症状ありませんか?

「アスペ」な大人への接し方

 アスペな私は夢中になると話し続けてしまいます。
 相手が迷惑そうにしていても、表情から読み取ることができないので、話が止まりません。
 こんな私の一方的な会話に付きあわせてしまい、申し訳ないと思います。聞く方はとても疲れてしまうと思います。

 

 普通の人なら相手がちょっと飽きてきたなと感じたら、話題を変えるか、相手に話をふったりします。しかし、私は相手の表情を読むことが苦手なので、それもできません。

 

 できれば、会話の最中、話を整理するための助言をして頂けると助かります。
例えば、

  • 「今はこの話をしよう」
  • 「話がずれたから元に戻そう」

 などを会話の中に挟んでもらえると、私もフッと冷静になれます。

 

 夢中で話していると周りの声が聞こえません。ほとんどパニック状態です。話にブレーキをかけたり、軌道修正してくれる人がいると本当に助かります。

 

 また、会話中、距離が近いと感じたら、「人と話すときは1mくらい離れて」などと具体的に指示してくれると理解が早まります。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院