「アスペ」な大人

 

自閉症スペクトラムとは?

 自閉症スペクトラム(Autistic Spectrum Disorder、略称ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群を含む高機能自閉症などの各疾患を、知的障害レベルや自閉症状の強弱によって連続する広汎性発達障害と捉えた概念のことです。

 

 「スペクトラム」とは日本語で連続体という意味です。虹は赤から紫に変わりますが、境界線はなく、グラデーションしています。そんなふうに自閉症も、知的障害のレベルや自閉症状の強弱によって名称が変わっていきます。

 

 「自閉症」「高機能自閉症」「アスペルガー症候群」
 この3つの病気は、自閉に基づくコミュニケーション障害を持つという特徴があるのですが、知的障害レベルの高低や自閉症状の強弱によって、名称が区別されています。「自閉症」の連続体なので、「自閉症スペクトラム」と呼ばれているのです。

 

自閉症スペクトラムに分類される、主な疾患毎の特徴
病名 知的障害の程度

自閉症

多くの場合、知的障害を伴い、次の特徴がある。

  • 言葉の発達に遅れがある。
  • 身振り手振りなど、言葉以外のコミュニケーションが困難。
  • 物、人、場所、行為などに強いこだわりがある。

高機能自閉症

初めのうちは、言葉の発達の遅れはあるが、知的障害はない。自閉症の約2割に見られる。

アスペルガー症候群

言葉の発達に遅れはない。知的障害もない。
すべての自閉症の特徴を備えたアスペルガー症候群の人は比較的少ない。

 

 医師の診断によって病名が決まると、一般的にその病名に従って治療が行われます。大切なのは、病名にとらわれることなく、自分の持つ能力を最大に発揮して、充実した生活を送ることだと思います。アスペルガー症候群と診断された私も、最初はショックを受けました。しかし、今では前向きに捉えていいて、逆に病名がついてすっきりした感じもしました。だからこそ、日々の生活していくなかで工夫したり、周りの人に助けてもらったりできているのだと考えています。

DSM-5におけるアスペルガー症候群の扱い

 近年、自閉症と高機能自閉症、そしてアスペルガー症候群という3つの障害は知的レベルの違いはあれど同じ種類の障害であるという考え方が主流となっていました。

 

 2013年に発表された精神障害の診断と統計の手引き(DSM)の最新版DSM-5では、この3つの障害の区別がなくなり、「自閉症スペクトラム」に一本化されています。

 

 自閉症も高機能自閉症もアスペルガー症候群も自閉症スペクトラムの一種という位置づけになります。自閉症は知的な遅れを伴い、高機能自閉症は知的な遅れが目立たず、アスペルガー症候群は知的な遅れがないものの独特な特性を伴う障害と考えられています。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院