「アスペ」な大人

 

「アスペ」な大人

アスペとはアスペルガー症候群の略です。
アスペルガー症候群とは、知能や言葉に遅れはないものの、社会性に支障が出やすいといわれる広汎性発達障害のひとつです。

 

私は、成人してから、アスペルガー症候群と診断されました。
子供の頃から「つきあいにくい」「どこかおかしい」と言われ続けてきました。でも、自分では何がおかしいのかさっぱり分かっていませんでした。

 

社会人になって数年経ったころ、仕事でもプライベートでもトラブルを起こすようになりました。
これは何かの病気なのかもしれない。病気ならば仕方がないと諦めもつきます。
安心を得るために、今後の人生をよりよくするために、精神科を受診しました。
そして、私が診断された病気は「アスペルガー症候群」でした。
診断されたことで却って安心しました。それから地道に治療を続けています。
今はまだ治ったとはいえませんが、幾分か「アスペな大人」としての自分を客観的に見られるようになりました。

 

このサイトは、アスペな私のこれまで起こした問題や、アスペの特徴を紹介します。
そして、僭越ながら、私の体験から「アスペ」な大人に対する接し方を紹介しています。
私の経験を基にしていますので、全てのアスペルガー症候群の方に当てはまるとは限らないことをご了承ください。

うつ病や不安障害などの二次障害も

”変わった”行動をとる「アスペ」な大人たちに対して、社会から誤解されることも多いです。
私自身、まったく悪気がないのに、悪意があると思われて、会社で嫌がらせを受けたり、避難されたりすることも多ったですし、中傷されて傷つくことも少なくありませんでした。今では私も、自分自身のアスペルガー症候群の特徴に客観的に向き合えるので、耐えられるようになりましたが、以前は心の傷が深くなっていくばかりでした。

 

そんな、さまざまな誤解を受け、中傷され、心の傷が深くなっていった人たちは、

  • うつ病
  • 不安障害
  • 強迫性障害

といった別の病気を発症してしまうことがあります。こういった二次的に引き起こされてしまう病気を「二次障害」と言います。
二次障害を防ぐには、家族や周囲の人の正しい理解と対応が必要です。どうか、本サイトをご覧頂いている方、アスペルガー症候群に対して、偏見を持たず、正しいご理解をお願いいたします。

最速でアスペルガー症候群の改善を狙いたい方へ

 どういうわけか人間関係や恋愛関係を築きにくいといったアスペルガー症候群の症状に悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。
 いち早くこの状況を打開したい方のために、自宅でできるアスペルガー症候群の改善プログラムがあります。数々の症例事例をまとめたもので、実際のアスペルガー改善に使われています。
 一度試してみるのもひとつの手段かと思います。=>アスペルガー症候群改善プログラム

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院