アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性

 

アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性

 アスペルガー症候群と言う言葉を多くの方が耳にしたことがあると思いますが、実際にはアスペルガー症候群と言う名称自体は知っていても、その症例についてはいまだに認知度の低い状況となっています。アスペルガー症候群とは、知的障害の無い自閉症とも呼ばれていて、実際に一見すると健常者のような印象を受け、そのことがアスペルガー症候群の理解度を低めてしまう要因のひとつとなってしまうのです。

 

 実際に一昔前まではアスペルガー症候群の子供たちは、クラスの変わり者や頑固な子供程度にしか見られていなく、適切な治療やサポートを受けられず大人になってしまい、社会人として社会に出ても、中々周囲の環境に溶け込めずに仕事に挫折してしまうと言うケースもありました。しかしアスペルガー症候群の人たちは比較的知能指数が高い者が多く、子供の頃からの適切な治療と周囲のサポートさえあれば、一般の健常者と同じように社会生活を営む事も可能です。アスペルガーの治療においては根本的な治療法よりも、精神面でのケアや社会に順応させるための対処療法が大切です。

 

 アスペルガー症候群の大きな特徴として、ひとつの物事に一度興味を持ったら、その物事に周囲が見えなくなってしまうほど、のめり込んでしまうという特徴があります。このひとつの物事に徹底的にのめり込んでしまうという特徴が、仕事において発揮されると、その分野でめきめきと頭角を現して、社会人として大成功を収めると言うケースもあります。周囲の人間もそのような特徴を理解して、特性に合った職業に就けるようにサポートすることも大切です。

良き理解者を作る

 アスペルガー症候群では、自分をサポートしてくれたりアドバイスをくれたりする良き理解者を作ることが大切です。

 

 人間関係で何かまずい対応をしてしまったらそれを指摘してくれたり、苦手な部分を助けてくれたりします。私も理解者がいてくれたので、とても助かりました。

 

 また、受診の際はその理解者にも付き添ってもらい、一緒に説明を聞いてもらうとよいでしょう。

アスペルガー症候群に関する支援制度

 アスペルガー症候群の原因は脳の機能障害にあります。
 したがって、によって症状の軽減はできますが、完治することはできません。
 そこで、支援制度をうまく利用することが治療のポイントとなってきます。アスペルガー症候群の支援制度はまだ十分とは言えませんが、「発達障害者支援法」の施行により、充実の兆しが見えてきています。

 

自立支援医療制度

 アスペルガー症候群などの発達障害に適用される制度です。発達障害に関する医療費は原則1割負担で受けることができます。

 

ジョブコーチ支援制度

 アスペルガー症候群の人は仕事がうまくできなかったり、職場に馴染めなかったりします。ジョブコーチとはアスペルガー症候群の人が職場に馴染めるように様々な提案をする制度です。コミュニケーションの取り方や仕事環境の整備について指導してくれます。本人だけでなく、職場の上司や同僚、家族にも助言を行います。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性関連ページ

アスペルガー症候群の大人が行く病院
成人のアスペルガー症候群を診るのは何科の病院でしょうか?
アスペルガーの症状を軽減する薬
アスペルガーを根本的に治す薬はありません。治療では、二次障害を含めた症状を軽減する薬が使われ、十分に効果が現れています。
【体験談】薬物治療と生活習慣改善によるアスペルガー症候群の治療
人の気持ちがわからないことや自分の気持ちを相手に上手く伝えられないことがあり、特に社会人になって……アスペルガー症候群治療の体験談を紹介します。
アスペルガー症候群改善プログラム
アスペルガー症候群は基本的に脳の障害なので、完全に治るということはありません。しかし、改善は可能です。それには正しい知識と実践が必要です。このページでは改善に極めて有効な資料を紹介します。