「アスペ」な大人

 

アスペルガーの人への適切な指示の仕方

 アスペルガーの人への適切な指示の仕方を紹介します。
 あいまいな言葉、「あれ」「これ」といった指示代名詞、「あの」「この」といった連体詞、あいまいな期日や量、あいまいな手順などで指示されると、アスペルガーの人は困ってしまいます。
 「これいい感じでやっておいて」といった表現だと、なにをやっていいかわかりません。自分勝手なやり方をしてしまうかもしれません。

 

適切な指示の仕方

 次のようなことを気をつけて指示してあげるとアスペルガーの方も助かります。

  • 一度に複数の作業をさせない。
  • 1つずつ作業を頼む。
  • 必要なことだけを伝える。
  • 文字や図などで伝えると理解されやすい。
  • あいまいな表現を避ける。
  • 5W2Hを伝えるなど、できるだけ具体的に指示する。
  • ミスしてもしからない。
  • 「きちんと」「適切に」といった抽象的な言葉は使わない。
  • 変更が生じたら、その後の予定や見通しを伝える。

 これはアスペルガーのかた向けに限ったことではありませんね。5W2Hを明確にした指示は、誤解を防ぎ、効率的に仕事を進めるうえでも大切です。
 アスペルガーの方は反復作業を得意とします。特に興味のあるものには驚異的な力を発揮します。素晴らしい成果を生むことも往々にしてありますので、適切な指示をするよう心がけましょう。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院