アスペルガーの症状を軽減する薬

 

アスペルガー症候群の薬は症状をおさえるもの

 アスペルガー症候群は薬で治る病気ではありません。あくまで症状を和らげるために薬を使います。

 

 しかし、薬を使うことで、脳の機能を補助したり、感情の変動のしやすさやストレス耐性の低さを改善したりできます。

 

 薬は医師の処方の通りに飲みましょう。また、アスペルガー症候群では薬による治療だけでなく、心理療法(カウンセリング)や認知行動療法を合わせて行ったり、デイケアなどで社会行動を学んでいくことも大切です。

アスペルガーの症状を軽減する薬

 アスペルガーを根本的に治す薬はありません。しかし、うつ病や不安障害といった二次障害を含めた症状を軽減する薬が、アスペルガーの治療ではよく使われます。

 

抗うつ薬

 アスペルガー症候群の二次障害としてうつ病が現れることがあります。抗うつ薬は、気分の落ち込みや不眠といったうつ病の症状を軽減します。抗うつ薬はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という種類の薬がよく使用されます。また、うつ病の症状だけでなく、発達障害にも有効だとされています。

 

抗精神病薬

 統合失調症で使われる薬ですが、アスペルガー症候群でも使われることがあります。興奮や攻撃性などを鎮静させる効果があります。

 

気分安定薬

 不機嫌や興奮、パニックなどの気分の波を安定させる効果があります。生活のリズムを取り戻すことが期待できます。

 

 

 

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

アスペルガーの症状を軽減する薬関連ページ

アスペルガー症候群の大人が行く病院
成人のアスペルガー症候群を診るのは何科の病院でしょうか?
アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性
アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性について説明します。
【体験談】薬物治療と生活習慣改善によるアスペルガー症候群の治療
人の気持ちがわからないことや自分の気持ちを相手に上手く伝えられないことがあり、特に社会人になって……アスペルガー症候群治療の体験談を紹介します。