「アスペ」な大人

 

アスペルガーは遺伝する?

 アスペルガーの発症には、なんらかの遺伝子が関わっているのではないかとされています。
 自閉症スペクトラムの双子のうち、どれくらいが2人とも発症しているかを調査したところ、一卵性双生児の場合は60%~90%、二卵性双生児の場合は3%~10%という結果になりました。この調査からも遺伝が関わっていると推測されますが、遺伝子の特定には至っていません。

 

 また、子どもが母親のお腹のなかにいるときに、ダイオキシン、PCB、ビスフェノールAなどの環境ホルモンの影響を受け、遺伝子の働きがおかしくなり、アスペルガーの原因になるという説もあります。このように、遺伝的な情報が環境的な要因により変化するという考え方をエピジェネティクスといいます。

発症しやすい性質が遺伝する

 アスペルガー症候群を含む発達障害では、遺伝的要因が脳の機能障害を引き起こす一因となっていると考えられています。

 

 上記の調査結果が示す通り、同じ遺伝情報を持っている一卵性双生児は、双方が自閉症スペクトラムを発症する確率が高いことがわかっています。

 

 しかし、遺伝的要因があれば必ず発症するわけではなく、あくまでは発達障害を発症しやすい性質が遺伝するものであると考えられています。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院