アスペな大人の特徴

 

白黒ハッキリつけたがる

 アスペな私は、なんでも白黒ハッキリしていないと気が済みません。ハッキリしていないことに対しては、行動できません。
 白か黒か、善か悪か、0か1か、やるのかやらないのか・・・、その中間というのは、私の中では考えられないのです。
 このため、融通がきかなかったり、決断が間違っていたときに修正がきかないといったことが多々ありました。

「アスペ」な大人への接し方

 アスペな大人はどんなことにも白黒ハッキリつけたがります。
 次のことを本人に考えさせるとよいでしょう。

  • 反対の結果になったときのメリット。
  • 反対の結果になったときのリスク。
  • いつも先が見通せるわけではないこと。途中段階を踏ませる。

 このように、双方の中間の考えや、段階を踏むといった考えをつけさせることで、こだわりが無くなる日もやってくるでしょう。

 

こういった症状は、境界性パーソナリティ障害の症状の一つである二極思考にも似ています。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院