「アスペ」な大人

 

アスペルガー症候群の特徴

 アスペルガー症候群について正しく理解しましょう。

 

原因は脳の機能障害

 アスペルガー症候群は生まれつきの脳機能の不全が原因にあります。遺伝により脳の機能障害が引き継がれるという説もあります。=>アスペルガーは遺伝する?アスペルガー症候群の原因
 いずれにせよ、子供の頃の育て方やしつけ方は関係ありませんし、うつ病のようないわゆる「心の病気」ではありません。

 

大人になるまで気づかないことがある

 アスペルガー症候群となる要因はは生まれつきのものですが、症状自体に気づいたのは、大人になってからという人も少なくありません。
 子供の頃はアスペルガー症候群の症状が出ても、「子供らしさ」として看過されてしまいがちだからです。

 

アスペルガー症候群は自閉症の仲間

 アスペルガー症候群は、自閉的な症状を持った一連の広がりである「自閉症スペクトラム」のひとつです。

 

知能の遅れはない

 アスペルガー症候群は知能の遅れは伴いません。ADHDや学習障害などと同じく、発達障害という位置づけです。

 

アスペルガー症候群の人が犯罪を起こしやすいというのは嘘

 統計データ上で見ても、アスペルガー症候群の人が犯罪を起こしやすいということはありません。

 

コミュニケーションをとることが苦手

 アスペルガー症候群の人は他人とコミュニケーションをとることが非常に苦手です。しかし、本人の努力や工夫、周りのサポートなどによって向上は可能です。

 

完治を目指すのではなく、改善を目指す

 アスペルガー症候群は脳の機能障害ですから、薬や手術で治せるものではありません。ただし、周りのサポート、本人の行動の工夫などによって生活の質をあげることは可能です。
 =>アスペルガー症候群改善プログラム

国や自治体からの支援も十分とはいえませんが存在します

 自立支援医療制度が適用されたり、各自治体では発達障害情報支援センターが設立されたりしています。十分とはいえないかもしれませんが、相談や治療にあたって積極的に利用していきたいものです。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院