アスペルガーの診断

 

アスペルガーの診断

 アスペルガー症候群は、DSM-IVやDSM-5という診断基準を用いて、専門医が診断します。

 

 最終的な診断は医師が下しますが、自己診断テストにより、アスペルガー症候群の傾向があるかどうかを知ることはできます。

アスペルガーの診断記事一覧

アスペルガーと診断されました-とある学生の手記

 アスペルガーと診断されたある学生の手記を本人の了解を得て公開します。昔から人づきあいが苦手でした。学校でもあまり人に好かれてないのではと思うこともありました。ずっとうつ病で病院にかかっていましたが、先日、別の病院でアスペルガーと診断されました。 アスペルガーがどういったものかわからず、家に帰って調...

≫続きを読む

 

アスペルガー診断基準

 アスペルガーの診断基準です。DSM-IVに基づく世界標準です。A.以下のうち少なくとも2つにより示される対人的相互反応の質的な障害(1)目と目で見つめ合う、顔の表情、体の姿勢、身振りなど、対人的相互反応を調節する多彩な非言語的行動の使用の著明な障害(2)発達の水準に相応した仲間関係を作ることの失敗...

≫続きを読む

 

アスペルガー診断テスト

 大人のアスペ診断テストです。 以下の質問に①そう②ややそう ③ややちがう ④ちがう のいずれかにチェックしてください。 全部で34問です。全てに回答後、「大人のアスペ診断テスト結果」を押すと結果が表示されます。※JavaScript機能がONでないと動作しません。1.会話が噛み合わないとよく言われ...

≫続きを読む

 
アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院