「アスペ」な大人

 

アスペルガー症候群の特性

 アスペルガー症候群の特性を紹介します。
 アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラムを診断する基準として、3つの特性があります。それは「対人関係を築くことが困難」「言葉によるコミュニケーションが困難」「行動の強いこだわり」です。このうち、「対人関係を築くことが困難」と「行動の強いこだわり」を持っていて、知的能力が高いとアスペルガー症候群と診断されます。

 

アスペルガー症候群にみられる自閉症スペクトラムと共通する特性
  • 対人関係を築くのが困難…他人への関心や共感が乏しく、社会性が育っていない。→対人関係を築くのが困難
  • 行動の強いこだわり…興味や活動の幅が狭い。執着、反復行動、変化への抵抗がみられる。→行動の強いこだわり

 

 以下に、アスペルガー症候群の特性について詳しく紹介します。

アスペルガー症候群の特性記事一覧

対人関係を築くのが困難-アスペルガー症候群の特性

 アスペルガー症候群の特性には、対人関係を築くのが困難というものがあります。 良好な対人関係を気づくことは社会生活をするうえで必要なものです。しかし、アスペルガー症候群には、これが難しいため、社会性が身につかないという特徴があります。 具体的な特徴には次のようなものがあります。相手のことを考えず、自...

≫続きを読む

 

行動の強いこだわり-アスペルガー症候群の特性

 アスペルガー症候群の特性に、行動の強いこだわりがあります。 興味や行動の範囲が極端に限定されています。これは想像力の欠如に直結していて、予測が苦手だったり、変化を嫌ったりします。柔軟な考えができず、不足な自体にも対処できなかったりするので、仕事や家事でも苦労することが多いです。 具体的な特徴には次...

≫続きを読む

 

感覚が正常に働かない-アスペルガー症候群の特性

 アスペルガー症候群の特性に、感覚が正常に働かないというものがあります。 普通の人が持っている感覚のON/OFF機能がうまく動作しません。不必要なものをシャットアウトして必要なものだけをインプットすることが難しく、しばしば日常生活で苦労します。その結果、さまざまな感覚に関して過敏すぎたり鈍すぎたりす...

≫続きを読む

 

アスペルガー症候群は特性か個性か?

 アスペルガー症候群の人は「対人関係を築くことが困難」「行動の強いこだわり」といった特性が現れます。しかし、これは見方を変えれば個性とも言えるものです。特性と個性、この線引はどうやってできて、どう向き合えばいいのでしょうか。 五感をはじめとしたさまざまな能力には個人差があります。アスペルガー症候群で...

≫続きを読む

 
アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院