【体験談】薬物治療と生活習慣改善によるアスペルガー症候群の治療

 

薬物治療と生活習慣改善による治療

 薬物治療と生活習慣改善によるアスペルガー症候群の治療を行った方の体験談を紹介します。

 人の気持ちがわからないことや自分の気持ちを相手に上手く伝えられないことがあり、特に社会人になってからこのように感じる気持ちが強くなりました。家族もうすうす感じていたようで、一度、精神関連の病院に行ってみた方がよいと勧められたので行ってみました。

 

 病院に行ってみると幾つかテストのようなものを受けたり、問診を受けたらアスペルガー症候群の疑いがある言われました。ただし、症状としてそれほど激しいものではないということで、食事療法や投薬で治療することができると言われました。正直、アスペルガー症候群という症状は初めて聞いたし、病気の一種だったことに凄いショックを受けました。
 アスペルガー症候群の治療は市内の違う病院に良い先生がいるということで紹介書を書いてもらい、後日にその病院に行きました。病院は心療の専門病院で、綺麗な病院だったので気持ちの面ですごく楽になりました。精神関連の病院は薄暗いイメージが強かったので、綺麗で病院らしくなかったので安心しました。

 

 治療は、薬物治療と平行して生活習慣を見直すということで食事療法なども行なわれました。治療が始まった当初は、無理のないように組まれたプログラムでも違和感を色々と感じていましたが、少しずつ日にちが経つにつれて、楽しめるようになりました。楽しめるようになったというような気持ちが持てるようになることが大切なようで、さらに人とのコミュニケーションを取ることも必要といわれていたので積極的に外に行ったりするようにしました。

 

 現在は、症状が改善し、薬物療法は行なっておらず、定期的に医師との面談を行なって、カウンセリングなどを行なってもらっています。まだまだアスペルガー症候群の症状が改善しているといっても、いつ症状が出るかという心配がありますが、今後も治療に励みたいと思っています。そう思わせてくれる医師や看護師といった治療を支えてくれる素晴らしいスタッフに出会うことができたというのも大きいと思います。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

【体験談】薬物治療と生活習慣改善によるアスペルガー症候群の治療関連ページ

アスペルガー症候群の大人が行く病院
成人のアスペルガー症候群を診るのは何科の病院でしょうか?
アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性
アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性について説明します。
アスペルガーの症状を軽減する薬
アスペルガーを根本的に治す薬はありません。治療では、二次障害を含めた症状を軽減する薬が使われ、十分に効果が現れています。