アスペルガーと二次障害-自傷行為

 

自傷行為

 アスペルガー症候群の方の中には、コミュニケーションをとれない憤り、人間関係に対する不安やストレスなどから、自傷行為に及んでしまう人もいます。

 

 自傷行為の代表的なものとしては、薬の大量摂取(オーバードース)、リストカット(腕や手首をカッターなどで切る行為)があります。

 

 アスペルガー症候群の人は子供の頃から、気に入らないことがあると、自分で自分の頭を叩いたり、壁に頭を打ち付けたりします。思い通りにならない憤りは子供の頃から感じています。自傷行為は本人からのSOS信号とも考えられます。事が大きくならないうちに、できるだけ早くストレス軽減などの対処をしてあげましょう。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

アスペルガーと二次障害-自傷行為関連ページ

うつ病
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページではうつ病を紹介します。
強迫性障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは強迫性障害を紹介します。
PTSD
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページではPTSDを紹介します。
PTSD
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは社会不安障害を紹介します。
睡眠障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは睡眠障害を紹介します。
摂食障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは摂食障害を紹介します。
心身症
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは心身症を紹介します。
二次障害を防ぐためには
アスペルガーの二次障害を防ぐために気をつけたいことを経験をもとに紹介します。
カサンドラ症候群
カサンドラ症候群は、アスペルガー症候群本人が陥る症状ではなく、アスペルガー症候群を持った配偶者と適切な意思疎通ができないことがきっかけで起こる症状です。