アスペルガーと二次障害-摂食障害

 

摂食障害

 摂食障害がアスペルガー症候群の二次障害としてみられることもあります。

 

 アスペルガー症候群であることにより心理的に疲弊し、拒食症になってしまうこともあります。
 また、拒食だけでなく、アスペルガー症候群特有のこだわりや独特な味覚により、同じ種類のものしか食べない、同じものだけしか食べないといった偏った食べ方をすることもあります。

 

 当然健康面に影響が出てきます。体調不良を起こし、アスペルガー症候群の特性がより強くなるといった悪循環に陥ってしまうことも少なくありません。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

アスペルガーと二次障害-摂食障害関連ページ

うつ病
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページではうつ病を紹介します。
強迫性障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは強迫性障害を紹介します。
PTSD
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページではPTSDを紹介します。
PTSD
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは社会不安障害を紹介します。
睡眠障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは睡眠障害を紹介します。
心身症
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは心身症を紹介します。
自傷行為
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは自傷行為を紹介します。
二次障害を防ぐためには
アスペルガーの二次障害を防ぐために気をつけたいことを経験をもとに紹介します。
カサンドラ症候群
カサンドラ症候群は、アスペルガー症候群本人が陥る症状ではなく、アスペルガー症候群を持った配偶者と適切な意思疎通ができないことがきっかけで起こる症状です。