アスペルガーと二次障害-社会不安障害

 

社会不安障害

 社会不安障害とは、社会から受けるストレスのために緊張や不安を覚え、日常生活に支障をきたしてしまうという精神疾患です。

 

 アスペルガー症候群の人は社会不安障害の中でも対人緊張という症状がよくあらわれます。対人緊張とは人と接すると強い不安や緊張があらわれ、そのために人と接することを避けるようになってしまう症状です。

 

 アスペルガー症候群の人はこれまでの対人関係の中で、周りから怒られたり自分はダメなんだと思い込んだりして、自己評価が非常に低くなっていることが少なくありません。人と接して失敗するのではないかという不安が常につきまとい、人と接することを避けたり、酷くなると外に出るのさえ嫌になります。

 

 このような引きこもりが続くと孤独の世界から抜け出せなくなり、生きる気力さえ失いかねません。悪い状態にならないうちに、医師に相談しましょう。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

アスペルガーと二次障害-社会不安障害関連ページ

うつ病
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページではうつ病を紹介します。
強迫性障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは強迫性障害を紹介します。
PTSD
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページではPTSDを紹介します。
睡眠障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは睡眠障害を紹介します。
摂食障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは摂食障害を紹介します。
心身症
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは心身症を紹介します。
自傷行為
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは自傷行為を紹介します。
二次障害を防ぐためには
アスペルガーの二次障害を防ぐために気をつけたいことを経験をもとに紹介します。
カサンドラ症候群
カサンドラ症候群は、アスペルガー症候群本人が陥る症状ではなく、アスペルガー症候群を持った配偶者と適切な意思疎通ができないことがきっかけで起こる症状です。