カサンドラ症候群

 

カサンドラ症候群

 カサンドラ症候群は、アスペルガー症候群本人が陥る症状ではなく、アスペルガー症候群を持った配偶者と適切な意思疎通ができないことがきっかけで起こる症状です。

 

 具体的な症状としては偏頭痛やパニック障害などがあります。意思疎通が困難であることの積み重ねでなってしまうので、いつからなったのかが非常に気づきにくくやっかいであるのが特徴です。

 

 現代は核家族化が進み、親世代や兄弟、親戚と同居するケースが減っています。アスペルガー症候群の配偶者との意思疎通に困ることがあっても、配偶者と今まで暮らしてきた家族の方が同じ家にいれば、多少の問題は解決できることもあるでしょう。

 

 しかし、夫婦だけや夫婦と幼い子供といった家族の場合だと、配偶者とのコミュニケーションは基本的に1対1です。適切な意思疎通ができないためにおこる症状なのに、避けて通ることができない状況を作り出す「核家族」が1つの原因ではないかといわれています。

 

 アスペルガー症候群は男性の方が女性より多いため、「アスペルガー症候群の夫とカサンドラ症候群の妻」のような形で紹介されることがあります。しかし、カサンドラ症候群とアスペルガー症候群を持った配偶者におこる症状なので、「カサンドラ症候群の夫とアスペルガー症候群の妻」というケースも往々にしてあります。また、カサンドラ症候群は配偶者だけではなく、家族、友人、会社の同僚にも起こるという見方もされています。

カサンドラ症候群に悩まされた経験

 カサンドラ症候群に悩まされた方の体験談を紹介します。

 

 カサンドラ症候群というものをご存じでしょうか。これは、パートナーがアスペルガー症候群であるがゆえに、コミュニケーションが上手くいかず、精神的・身体的に苦痛を感じてしまう症状のことです。なお、カサンドラ症候群は正式な病名ではありません。

 

 私の場合は、夫がアスペルガー症候群だったのですが、当初は病気であるという認識がなく、アスペルガー症候群という言葉さえも知りませんでした。毎日、夫の言動に少しずつ理解できない点があり、それが積もりに積もって、ある時ついに私はストレスから不眠症になってしまいました。

 

 しかし、夫は世間的には立派な職業に就き、役職と部下も持っており、表面的には何も問題が無かったこともあって、「なぜこんなに素晴らしい夫にストレスを感じるのだろう」「私は何という心が狭い人間なのだろう」と、酷い自己嫌悪にも陥っていました。

 

 不眠症がなかなか改善しなかったため、ある時、精神科を受診しました。そこで初めて、私の状態はカサンドラ症候群であるという自覚を持ちました。それまで自分の人格に問題があると思い込んでいた中で、カサンドラ症候群という名前が付いたことで、私はずいぶんと救われた気がしました。そして、夫もまたアスペルガー症候群という病気であったことを知り、自分を責めることも無くなりました。その後、少しずつではありますが、お互いの症状の克服に向けて、夫と歩み寄る努力を続けています。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

カサンドラ症候群関連ページ

うつ病
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページではうつ病を紹介します。
強迫性障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは強迫性障害を紹介します。
PTSD
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページではPTSDを紹介します。
PTSD
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは社会不安障害を紹介します。
睡眠障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは睡眠障害を紹介します。
摂食障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは摂食障害を紹介します。
心身症
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは心身症を紹介します。
自傷行為
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは自傷行為を紹介します。
二次障害を防ぐためには
アスペルガーの二次障害を防ぐために気をつけたいことを経験をもとに紹介します。