PTSD

 

PTSD

 PTSDとは過去に受けた心の傷(トラウマ)が原因で不安や緊張を引き起こすというものです。
 PTSDは主にフラッシュバック、回避行動、過覚醒症状という症状がみられます。
 アスペルガー症候群の人はフラッシュバックがよくあらわれます。フラッシュバックとはトラウマの原因となった出来事が、ふとした時に一気に心によみがえってくることです。

 

 フラッシュバックはよく、ショッキングな事故や事件に巻き込まれた人が起こると思われがちです。しかし、日常的に受けた悲しい体験や辛い体験がトラウマとなり、それと似たような体験をすることでフラッシュバックを起こすこともあります。アスペルガー症候群の人は普通の人より記憶力に優れているので、日常的に起こったことでもトラウマになりやすいのです。

 

 アスペルガー症候群の人は、子供の頃からよく怒られてきたり、罵られてきたりしたという辛い体験をしています。それで職場で上司に怒鳴られたり、近しい人と言い争いになったりしたときに、過去に受けたネガティブな感情がよみがえりフラッシュバックを起こすのです。

 

 フラッシュバックに悩まされる人は早急に医師に相談しましょう。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

アスペルガーと二次障害-PTSD関連ページ

うつ病
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページではうつ病を紹介します。
強迫性障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは強迫性障害を紹介します。
PTSD
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは社会不安障害を紹介します。
睡眠障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは睡眠障害を紹介します。
摂食障害
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは摂食障害を紹介します。
心身症
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは心身症を紹介します。
自傷行為
アスペルガーの方が起こしやすい二次障害を紹介します。このページでは自傷行為を紹介します。
二次障害を防ぐためには
アスペルガーの二次障害を防ぐために気をつけたいことを経験をもとに紹介します。
カサンドラ症候群
カサンドラ症候群は、アスペルガー症候群本人が陥る症状ではなく、アスペルガー症候群を持った配偶者と適切な意思疎通ができないことがきっかけで起こる症状です。