アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

「アスペな大人」が行く病院

 アスペルガー症候群は、大人になってから、生きづらさを感じてしまう病気です。

 

 できれば子どものうちに発見し、治療を始めるのが望ましいといえます。

 

 しかし、大人になるまで気づかないことが多いのが現状です。

 

 「アスペな大人」が治療を始めるには、「発達障害外来」「アスペルガー症候群外来」のような科を設けている大学病院・総合病院がベストです。

 

 ただし、数は多くありませんし、成人は対象外となっている医療機関もあります。

 

アスペルガー 病院 医療機関

 

 もし近くにアスペルガーを専門に診てくれる診療科がなければ、大学病院・総合病院の「精神科」で良いでしょう。

 

 しかし、精神科でもアスペルガー症候群の専門医がいるとは限りません。

 

 事前に電話で「大人のアスペルガー症候群」を診てくれるかどうか確認しましょう。

 

 大人のアスペルガーを診てくれる診療科は予約制のところも多く、数カ月先まで予約待ちというケースもありますので、注意しましょう。

 

相談対応してくれる「発達障害者支援センター」

 また、各都道府県には、「発達障害者支援センター」が設置されています。

 

 診断や検査は行っていませんが、相談対応してくれます。

 

 私も相談したことがありますが、成人のアスペルガーについても対応してくれました。

 

 病院がすぐに見つからない場合は、発達障害者支援センターを頼ってみるのも一つの手でしょう。

 

 発達障害者支援センター一覧(外部サイト)

精神科で行われる診察

 精神科での診察は面接が中心です。初診では次のことについて質問されます。

  • 現在起こっている精神症状・身体症状
  • いつごろ発症したか
  • 思い当たるきっかけ
  • 最近自分の身の回りに起こった変化
  • 家庭環境など
  • 対人関係など
  • 仕事歴や勤務状態など
  • 子どものころの様子

 診察がスムーズに進むように事前にある程度答えを考えておくと良いでしょう。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

アスペルガー症候群の大人が行く病院関連ページ

アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性
アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性について説明します。
アスペルガーの症状を軽減する薬
アスペルガーを根本的に治す薬はありません。治療では、二次障害を含めた症状を軽減する薬が使われ、十分に効果が現れています。
【体験談】薬物治療と生活習慣改善によるアスペルガー症候群の治療
人の気持ちがわからないことや自分の気持ちを相手に上手く伝えられないことがあり、特に社会人になって……アスペルガー症候群治療の体験談を紹介します。