アスペな大人の特徴

 

些細な事で争いになる

2013/03/17更新

 アスペルガーの特徴として、「白黒はっきりつけたがる」という傾向があります。

 

 白黒つけたがる特徴のため、結論を急がせてしまったりするのです。

 

 そのせいで、仕事でもプライベートでも、トラブルばかり起こしてしまいます。

 

 相手と些細なことで口論してしまい、人間関係が悪くなってしまうことがよくあります。

 

 あとで冷静になったとき、強い自己嫌悪感に苛まれます。

 

 「あのときあなたは○○だっていったんだから、私はもう知りません!」こういった具合です。

 

 つい攻撃的になってしまいます。

 

 あなたにはこんな症状ありませんか?

 

些細な事で争いになる

「アスペ」な大人への接し方

 些細な事で争いになっている時、私は、誰かに私の気持ちを立て直して欲しいと思っています。

 

 相手の気持を察することができなかったり、相手のことを考えずに自分のペースで行動したり発言したりする。

 

 こんな自分を自分で嫌になっています。

 

 なんとか私を正して欲しいと思っていますが、いきなり、「話がある」とか言われてしまうと、驚いてしまい逃げ出したくなってしまいます。

 

 そこで、「ご飯を食べにこない?」などといって、話を切り出してもらえると助かります。

 

 あれこれ注意するのではなく、まずは私の話を聞いてほしいと思います。

 

 そうすると、だんだん、壊れた人間関係について冷静に考えたり、どうやったら修復できるかなど考えられるようになっていきます。

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">