びっくりしやすい

 

びっくりしやすい

2013/10/30更新

 アスペな私は、些細な事でびっくりしやすいという特徴があります。

 

 仕事中ちょっと大きめな声をかけられただけで、肩がビクンと上がり、背を仰け反らせて、目を丸くして驚きます。

 

 「そんなに驚かなくても…」と何度言われたことか。。

 

 街なかでのクラクションの音や暴走バイクの音には、ビックリするだけでなく、しばらくイライラしたり不安になったり焦燥感に苛まれたりします。

 

 ガヤガヤとした環境が苦手という特徴も持っていますので、外を歩くときはイヤホンをしていることが多いです。

 

 危険なので周囲の状況がわかる程度の音量にしています。

 

 後ろから肩をたたかれたり触られたりしても、同様にびっくりします。

 

 「リアクションがいいね」とよく言われますが、私としては本気で驚いているのです。

 

 あなたにはこんな症状ありませんか?

 

びっくりしやすい

「アスペ」な大人への接し方

 アスペルガーの人は感覚の偏りがあり、触覚や聴覚が敏感な人が多いです。

 

 肩をたたいたり組んだりするときは、ひと声かけてからにしてもらいたい思います。

 

 声をかけるときは後ろからではなく、目に入る位置から声をかけてもらうと助かります。

 

 その他、アスペルガーの人は様々な感覚が敏感です。

 

 =>感覚が正常に働かない-アスペルガー症候群の特性

 

 アスペルガー症候群の方には、このあたりも踏まえて接するとよいでしょう。

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">