「アスペ」な大人

 

アスペとは?

 「アスペ」とはアスペルガー症候群の略です。

 

 アスペルガー症候群とは、発達障害のひとつです。

 

 大きな特徴のひとつに、「知的な遅れがないこと」というものがあります。

 

 そのため、子供の頃は「ちょっと変わってるなあ」と思われる程度で済まされてしまいます。

 

 お医者さんに診てもらうケースも少ないです。

 

 そして、そんな子供が大人になったとき、社会に出て様々な苦労に直面します。

 

 仕事や生活していくうえで、アスペルガー症候群の次のような特性が顕著にあらわれてしまうのです。

 

  • 社会性の欠如
  • コミュニケーション能力の欠如
  • 強い興味の偏り

 

 「社会にでてから人間関係がうまくいかない」「社会人としてふさわしくない言動、行動、態度」といった問題が表面化します。

 

 「アスペ」な大人が、特性にあわない仕事に就いてしまうことで、悩みをたくさん抱えることになります。

 

 本人が悩むだけでなく、周りの人も迷惑をかけることもあります。

 

 「アスペ」な大人は無意識に「生きづらさ」を感じ、藁をも掴むように、病院に訪れます。

 

 私もそのひとりでした。

症状を抑える治療を行う

 アスペルガー症候群は、原因が脳の機能障害あるとされています。

 

 したがって、残念ながら、その機能障害そのものを取り除く治療はできません。

 

 しかし、薬物治療や心理療法、認知行動療法などによる治療で、アスペルガー症候群の症状を抑える治療を行うことができます。

 

 また、アスペルガー症候群は、うつ病などの別の疾患を発症することもあるので、その治療も並行して行います。

 

 専門医で受診しましょう。

 

 支援してくれる相談窓口も存在します。

 

 生きづらさを抱えたまま生活を送るのはとてもつらいことです。

 

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院