アスペな大人の特徴

 

白黒ハッキリつけたがる

2012/11/16更新

 アスペな私は、なんでも白黒ハッキリしていないと気が済みません。

 

 ハッキリしていないことに対しては、行動できません。

 

 白か黒か、善か悪か、0か1か、やるのかやらないのか・・・、その中間というのは、私の中では考えられないのです。

 

 このため、融通がきかなかったり、決断が間違っていたときに修正できないことが多々ありました。

 

 あなたにはこんな症状ありませんか?

 

白黒ハッキリつけたがる

「アスペ」な大人への接し方

 アスペな大人はどんなことにも白黒ハッキリつけたがります。

 

 次のことを本人に考えさせるとよいでしょう。

 

  • 反対の結果になったときのメリット
  • 反対の結果になったときのリスク
  • いつでも先を見通せるとは限らないこと
  • 途中の段階で確認することの大切さ

 

 このように、中庸な考え方や、段階を踏むといった考えをつけさせることで、こだわりが無くなる日もやってくるでしょう。

 

こういった症状は、境界性パーソナリティ障害の症状の一つである二極思考にも似ています。

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>【医師監修】アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">