アスペな大人の特徴

 

皮肉を理解できない

2012/09/28更新

 上司が私の間違いを指摘するために

 

 「よくこんなすごいことができるなぁ」

 

 と言ってきました。

 

 すると私は、「私は凄いことをしたんだ!」と素直に受け取って喜んでしまったのです。

 

 上司は呆れて何も言えない様子でした。

 

 あなたにはこんな症状ありませんか?

 

皮肉を理解できない

「アスペ」な大人への接し方

 アスペな私は皮肉を理解できません。

 

 アスペの特徴として、言葉に潜む本音を想像する力が弱いというものがあります。

 

 若いころに遅刻ギリギリに出社して、「大物だねえ」と言われ、「私は新人なので大物ではないです」と答えたこともあります。

 

 私としては、皮肉ではなく、直接的な言葉で言って欲しいと思っています。

 

 「手順が違っている。手順書通りにやりなさい。」「遅刻しそうだから気をつけなさい」などと言ってもらえると助かります。

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">