アスペな大人-治療について

 

アスペルガーの治療

 アスペルガー症候群の治療はどのように行われるのか紹介します。

 

 アスペルガー症候群と診断されても、受け入れにくい人もたくさんいます。

 

 しかし、アスペルガー症候群の治療は自分で病気と認めることから始まります。

 

 考え方のくせがあることを認識していたほうが治療がスムーズに進みます。

アスペな大人-治療について記事一覧

【医師監修】アスペルガー症候群の大人が行く病院

この記事を読んで分かること「アスペな大人」が行く診療科予約の仕方困ったときの相談先診察の内容どのような検査が行われるか アスペルガー症候群は、大人になってから、生きづらさを感じてしまう病気です。 できれば子どものうちに発見し、治療を始めるのが望ましいといえます。 しかし、大人になるまで気づかないこと...

≫続きを読む

 

アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性

 ”アスペな大人”が身近にいる場合、状況をみながら、病院を勧めたり、特性に合った仕事を勧めるとよいでしょう。早期発見して、病院を勧める アスペルガー症候群という言葉は一般的に知られるようになってきました。 ただ実際には、アスペルガー症候群と言う名前は知っていても、その症状についてはいまだに認知度の低...

≫続きを読む

 

アスペルガーの症状を軽減する薬

 アスペルガー症候群は薬で治る病気ではありません。 あくまで症状を和らげるために薬を使います。 薬を使うことで、脳の機能を補助したり、感情変動のしやすさやストレス耐性の低さを改善できます。 薬は医師の処方の通りに飲みましょう。 また、アスペルガー症候群では薬による治療だけでなく、心理療法(カウンセリ...

≫続きを読む

 

【体験談】薬物治療と生活習慣改善によるアスペルガー症候群の治療

 薬物治療と生活習慣改善によるアスペルガー症候群の治療を行った方の体験談を紹介します。 人の気持ちがわからないことや自分の気持ちを相手に上手く伝えられないことがあり、特に社会人になってから生きづらさを感じるようになりました。 家族もうすうす感じていたようで、一度、精神関連の病院に行ってみた方がよいと...

≫続きを読む

 

絆ホルモン「オキシトシン」点鼻薬でアスペルガー改善

 鼻にスプレーするだけでアスペルガーの症状を改善する薬の治験が始まりました。 効く秘密は絆ホルモンと呼ばれるオキシトシンです。 オキシトシンは恋人と手をつないだり、赤ちゃんを抱っこしたりして”絆”を感じると分泌されることが分かっています。 近年、オキシトシンをアスペルガーなどの自閉症スペクトラムの患...

≫続きを読む

 

【体験談】私なりのアスペルガー症候群との向き合い方

 大人の方でも最近はアスペルガー症候群の人が多いといいます。その疑いを感じた時は、できるだけ良い病院を探して、通院されることをおすすめします。 私は近所に精神科外来のクリニックがあったのでそこで診てもらいました。丁寧に診てもらえたので良かったです。 診察では、まず検査をしてもらい、その後、アスペルガ...

≫続きを読む

 

【体験談】アスペルガー症候群を疑った友人が私の背中を精神科へ押してくれた

 アスペルガー症候群と言うと、何となく子どもの病気だと思っていました。ところが、大人でもアスペルガーにかかる人はいる、正確にいうと、子どものころの症状が大人になって目立ってくる人が多いそうです。そして、私自身がそうだったのです。社会人になってから人と付き合うのに疲れ、人付き合いを避けるようになってし...

≫続きを読む

 

アスペルガー症候群で入院治療が必要なケース

 アスペルガー症候群でも入院が必要なケースが存在します。 アスペルガー症候群から派生して発症するうつ病や不安障害などの症状。 それを抑えるために薬を飲まなければならないのですが、患者さんによっては、家にいると薬を飲まない人がいるのです。 そんな方に決まったとおりに薬を飲ませるために入院治療を施すこと...

≫続きを読む

 

全国の病院・医療機関

 各都道府県の医療機関検索サイトを紹介します。北海道北海道東北青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県関東茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川中部新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県近畿三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山中国鳥取県島根県岡山県広島県山口県四国徳島県香川県愛...

≫続きを読む

 

アスペルガーにおけるカウンセリングの重要性

 アスペルガーの方は 「融通がきかない」  「同時に2つのことができない」 「スケジュール管理ができない」 などといった特徴があるため、仕事が上手にできません。 また、 「冗談が通じない」 「空気が読めない」 「興味のあることしか反応しない」 などといった特徴のせいで、日常会話もうまくいきません。 ...

≫続きを読む

 

知能検査の結果だけで診断が決まらない例

 知能検査はアスペルガーの診断において大きなウェイトを占めます。 しかし、知能検査の結果だけで診断は下されません。 例えば、知能検査にて、「照会」の意味は何ですか?という質問をされたとします。 その人は学歴もあり、勉強もできますが、回答に時間がかかったり、何回も言いよどんだりしました。 でも、知識は...

≫続きを読む

 

就労移行支援|就職や復職が不安な方へ

 アスペな大人の中には、これから仕事を始めたい方も大勢いらっしゃるでしょう。 でも、こんな悩みを抱えていませんか?就職活動がうまくいかない……仕事がちゃんとできるか不安…… 復職を希望する方は、以前仕事がうまくできず退職した経験があるので、次の就職が不安です。 そんなアナタをサポートするのが就労移行...

≫続きを読む

 

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>【医師監修】アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">