アスペな大人-就労移行支援

 

就労移行支援|就職や復職が不安な方へ

2018/06/23更新

 アスペな大人の中には、これから仕事を始めたい方も大勢いらっしゃるでしょう。

 

 でも、こんな悩みを抱えていませんか?

 

  • 就職活動がうまくいかない……
  • 仕事がちゃんとできるか不安……

 

 復職を希望する方は、以前仕事がうまくできず退職した経験があるので、次の就職が不安です。

 

 そんなアナタをサポートするのが就労移行支援という職業訓練・就活支援サービスです。

 

対象者|どんな人が利用するの?

 

 精神障害、発達障害、身体障害、知的障害などを持った方が対象となります。

 

 もちろん”アスペな大人”も対象となります。

 

 前の職場で遅刻が多かったり、同時作業ができなかったりして、復職や就職に不安を持っている方。

 

 就労移行支援はそのような方のために、安心して社会に出られるようにサポートしてくれるサービスです。

 

サービス内容|どんなことをするの?

 

 事業者によって異なりますが、次のようなことをカリキュラムに取り入れているところが多いです。

 

 通っていくうちに生活リズムが整ってくるという効果もあります。

 

パソコントレーニング

 パソコンの基礎を学びます。

 

ビジネス講座

 敬語の使い方、名刺交換の仕方、電話対応の仕方から、スーツの選び方まで一通りのビジネスの作法を学びます。

 

グループワーク

 ディスカッション、ゲーム、SSTを通して、社会生活に必要な集団行動の基礎を学びます。

 

就労移行支援

 

企業実践

 実際の会社を想定した訓練です。学んできたことを活かせるか実践を通して確認します。

 

就職相談

 就職先の相談、応募書類の添削、模擬面接の実施から、面接の同行までサポートしてくれます。

 

定着支援

 就職後、仕事がうまくいっているか、定期的に相談します。

 

 

料金|通所にいくらかかるの?

 

 自治体が9割負担してくれます。自己負担は1割です。

 

 さらに自己負担額は所得などによって区分されています。月額負担料金の目安は次の通りです。

 

  • 生活保護を受給されている世帯:0円
  • 前年の所得が125万円未満の世帯:0円
  • 前年の所得が125万円以上、600万円未満の世帯:9,300円
  • 前年の所得が600万円以上の世帯:37,200円

 

 利用者のほとんどの方が自己負担0円で通所しています。

 

 ただし、昼食代や交通費は本人負担となります。(なかには無料で昼食を提供してくれるところもあります)

 

 お金に関してはあまり心配しなくてもよいでしょう。

 

通所期間|どのくらい通うの?

 

 原則2年間までです。

 

 本人の体調や事情を配慮しつつ、個別に通所期間を設定してくれるところもあります。

 

 もちろん、就職が決まれば、そこからは通所する必要はなくなります。

 

 しかし、定着支援のため、就職後も定期的に通所するケースがあります。

 

 

利用方法

 

 就労移行支援事業者はたくさんありますので、通いやすいところや自分の合ったところを探してみましょう。

 

 通院している方はまず、主治医の先生に相談しましょう。合ったところを紹介してくれるでしょう。

発達障害向け専門プログラム(ASAP)のご紹介

 就労移行支援と似たような事業を自治体で行っているところがあります。

 

 例えば、東京都立中部総合精神保健福祉センターの「発達障害向け専門プログラム(ASAP)」です。

 

 ASAPはAutistic Spectrum disorders Assistance Programの略で、発達障害の方の特性に合わせた認知行動療法プログラムです。

 

 ライフスキル、コミュニケーションスキル、就労に必要なスキルやマナーなどを学びます。

 

 発達障害の方に合わせているので、”アスペな大人”の方向きのサポートサービスといえるでしょう。

 

発達障害向け専門プログラム(ASAP) 東京都福祉保健局

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>【医師監修】アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">


就労移行支援|就職や復職が不安な方へ関連ページ

【医師監修】アスペルガー症候群の大人が行く病院
成人のアスペルガー症候群を診るのは何科の病院でしょうか?診察ではどのようなことを聞かれるのでしょうか?どのような検査が行われるのでしょうか?不安にお答えします。
アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性
アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性について説明します。
アスペルガーの症状を軽減する薬
アスペルガーを根本的に治す薬はありません。治療では、二次障害を含めた症状を軽減する薬が使われ、十分に効果が現れています。
【体験談】薬物治療と生活習慣改善によるアスペルガー症候群の治療
人の気持ちがわからないことや自分の気持ちを相手に上手く伝えられないことがあり、特に社会人になって……アスペルガー症候群治療の体験談を紹介します。
絆ホルモン「オキシトシン」点鼻薬でアスペルガー改善
鼻にスプレーするだけでアスペルガーの症状を改善する薬の治験が始まりました。効く秘密は絆ホルモンと呼ばれるオキシトシンです。
【体験談】私なりのアスペルガー症候群との向き合い方
「アスペルガーだから治らない」と諦めてはいけません。症状の改善、および生活や仕事の質向上を治療の目標に置くと良いでしょう。
【体験談】アスペルガー症候群を疑った友人が私の背中を精神科へ押してくれた
私のことをアスペルガー症候群ではないかと指摘したのは、医療に詳しい私の親友でした。
アスペルガー症候群で入院治療が必要なケース
アスペルガー症候群でも入院治療が必要なケースもありますので紹介します。看護師の方の体験談も。
全国の病院・医療機関
各都道府県の医療機関検索サイトを紹介します。
アスペルガーにおけるカウンセリングの重要性
アスペルガーを抱える人にとってカウンセリングはとても重要です。その理由をかいつまんで説明します。
知能検査の結果だけで診断が決まらない例
知能検査はアスペルガーの診断において大きなウェイトを占めます。しかし、知能検査の結果だけで診断は下されません。その例を紹介します。