アスペな大人-治療について

 

知能検査の結果だけで診断が決まらない例

2018/06/16更新

 知能検査はアスペルガーの診断において大きなウェイトを占めます。

 

 しかし、知能検査の結果だけで診断は下されません。

 

 例えば、知能検査にて、「照会」の意味は何ですか?という質問をされたとします。

 

 その人は学歴もあり、勉強もできますが、回答に時間がかかったり、何回も言いよどんだりしました。

 

 でも、知識はあるので、時間はかかるけども正解しました。

 

 そのため、知能指数の点数は高く、発達障害の方に現れる凸凹グラフ(項目ごとに著しい偏りがあるグラフ)にもなりませんでした。

 

 知能検査の結果だけ見ると、この方は健常者ということになります。

 

 しかし、回答に時間がかかることや回答中の様子を見て、総合的に判断して発達障害と診断されました。

 

 こんなふうに、アスペルガーなどの発達障害は知能検査の結果だけでは診断されないことがあるのです。

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>【医師監修】アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">


知能検査の結果だけで診断が決まらない例関連ページ

【医師監修】アスペルガー症候群の大人が行く病院
成人のアスペルガー症候群を診るのは何科の病院でしょうか?診察ではどのようなことを聞かれるのでしょうか?どのような検査が行われるのでしょうか?不安にお答えします。
アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性
アスペルガーの治療とサポート・支援の重要性について説明します。
アスペルガーの症状を軽減する薬
アスペルガーを根本的に治す薬はありません。治療では、二次障害を含めた症状を軽減する薬が使われ、十分に効果が現れています。
【体験談】薬物治療と生活習慣改善によるアスペルガー症候群の治療
人の気持ちがわからないことや自分の気持ちを相手に上手く伝えられないことがあり、特に社会人になって……アスペルガー症候群治療の体験談を紹介します。
絆ホルモン「オキシトシン」点鼻薬でアスペルガー改善
鼻にスプレーするだけでアスペルガーの症状を改善する薬の治験が始まりました。効く秘密は絆ホルモンと呼ばれるオキシトシンです。
【体験談】私なりのアスペルガー症候群との向き合い方
「アスペルガーだから治らない」と諦めてはいけません。症状の改善、および生活や仕事の質向上を治療の目標に置くと良いでしょう。
【体験談】アスペルガー症候群を疑った友人が私の背中を精神科へ押してくれた
私のことをアスペルガー症候群ではないかと指摘したのは、医療に詳しい私の親友でした。
アスペルガー症候群で入院治療が必要なケース
アスペルガー症候群でも入院治療が必要なケースもありますので紹介します。看護師の方の体験談も。
全国の病院・医療機関
各都道府県の医療機関検索サイトを紹介します。
アスペルガーにおけるカウンセリングの重要性
アスペルガーを抱える人にとってカウンセリングはとても重要です。その理由をかいつまんで説明します。
就労移行支援|就職や復職が不安な方へ
就職活動がうまくいかなかったり、仕事が不安だったりする方へ。就労移行支援はそんなアナタをサポートするサービスです。