アスペな大人の特徴

 

なんでも悲観的に思い込む

2012/11/28更新

 ちょっとした言葉やちょっとした態度で、「自分は嫌われているのではないか」と思っていた時期がありました。

 

 遠くの人たちが笑っていたら、私が”ダサい”から笑われてるんだなどと、勝手に悲観的に思い込むこともありました。

 

 アスペルガー症候群の人たちは、真面目すぎる部分があり、なんでも真正面から受けとめてしまい、傷ついてしまいがちです。

 

 本当は幸せに包まれているのに。

 

 あなたにはこんな症状ありませんか?

 

なんでも悲観的に思い込む

「アスペ」な大人への接し方

 アスペルガーの人は運動感覚のバランスが悪く、動作がぎこちなかったり不器用なことが多かったりして、小さな頃から笑われてきたりしました。

 

 そのせいでネガティブな思考が染み付いてしまう方も少なくありません。

 

 アスペルガー症候群の人が、思い込みで傷つかないためにはどうしたらいいでしょう。

 

 例えば、遠くの人が笑っていて、「きっとあの人は私のことを笑っているんだ」と言ってきたら、「あの人は向こうの人形を見て笑っていたよ」などと言ってあげることです。

 

 「そんな些細なこと気にしないで」と言うのは逆効果です。

 

 本人にしたら、とても深刻な問題なので、腹を立ててしまうこともあります。

 

 また、できればネガティブなことは言わないで欲しいです。

 

 何かまずいことが起こっても、「失敗は成功のもと」や「もう一度やれるチャンス」など、ポジティブ思考な言葉をかけてくれるとありがたいです。

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>【医師監修】アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">