アスペな大人の特徴

 

鵜呑みにしてしまう

2013/03/17更新

 アスペな私は何でも鵜呑みにしてしまいます。

 

 鵜呑みとは物事をよく理解せずに受け入れてしまうことです。

 

 私はとにかく見たもの聞いたものをそのまま真っ直ぐに受け入れてしまいます。

 

 そのせいで危ない目にあったり、損をしたことが何度もありました。

 

 占いに「早歩きするといいことあるかも」と書いてあったのを見て、その日はどんな場所でもずっと早歩きしてました。

 

 そうしたら、ファミレスでもしてしまい、人とぶつかりそうになりました。

 

 「長財布を使うと金持ちになれる」と小耳にはさむと、それまで持っていた二つ折りの財布を捨ててしまいました。

 

 結構高かったブランド物だったのに。

 

 セールスにも簡単に引っかかります。

 

 高い買い物をしてしまい、後悔したことが何度もあります。

 

 あなたにはこんな症状ありませんか?

 

鵜呑みにしてしまう

「アスペ」な大人への接し方

 何でも鵜呑みにしてしまう私。

 

 何かに影響されすぎているなと見受けられたら、注意して頂けると嬉しいです。

 

 「占いを信じ過ぎたら自我がなくなるよ」「冷静に考えてみて」など声をかけてくれると助かります。

 

 また、何でも鵜呑みにしてしまうという特徴から、ネットの情報も簡単に信じてしまいがちです。

 

 アスペルガー症候群の人はネット依存症になりやすい傾向があります。

 

 ネット依存症のような状態の方は特に注意が必要です。

 

 =>ネット依存症のチェック

 

 鵜呑みは本当に怖いものです。

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">