アスペな大人の特徴

 

興味のないことは絶対にしたがらない

2012/09/28更新

 アスペルガーの特徴として、興味を感じる幅が狭いというものがあります。

 

 興味のあることには夢中になるのに対して、興味のないことや苦手なことには、なかなか取り組めません。

 

 私にとって苦手なことはお金の管理です。

 

 「毎月どれくらい引き落としされているのか?」とか「口座の残金はどれくらいあるのか?」などを全く把握していませんでした。

 

 とてもいい加減でした。

 

 そのことを私の数少ない友だちに話すと、「早く直した方がいい」と言われました。

 

 でも私には全く興味がないので、馬耳東風でした。

 

 親身になってくれていたのに。

 

 あなたにはこんな症状ありませんか?

 

興味のないことは絶対にしたがらない

「アスペ」な大人への接し方

 アスペな私は、興味のないことは絶対にしたがりません。

 

 特に私はお金の管理を疎かにします。

 

 そんな私に友だちが、こんな話をしてくれました。

 

 「毎月余計な費用がかかっているかもしれないの。もし、それが削減できたら、あなたの好きな本何冊買える?」

 

 私は、本を読むことが好きなので、すこし乗り気になりました。

 

 そして、ちょっとずつ、毎月かかる費用を整理していったら、月に5冊くらい本を買えるお金ができたのです。

 

 これに大喜びして、それからは、きちんとお金を管理するようになりました。

 

 アスペな大人に対しては、苦手なこと、興味のないことを強制するのではなく、それをすることによって得られるメリットを教えてあげると良いでしょう。

 

 また、苦手なことは思い切って他の人に任せたほうがいいこともあります。

 

 世の中にはさまざまなサービスがあります。

 

 片付け、家計簿など、アスペルガーの人が苦手なことを肩代わりしてくれるサービスもあります。

 

 とくにアスペルガーの人は何事もひとつのやり方にこだわりがちですから、いろいろな手段があるということを教えてあげるとよいでしょう。

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>【医師監修】アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">