アスペな大人の特徴

 

スケジュール管理ができない

2012/09/28更新

 アスペな私は、スケジュール管理がとても苦手です。

 

 2つ以上の案件が同時進行するとなると、もうお手上げです。

 

 ひとつの仕事をしていると、そちらばっかりに集中してしまい、もう一つの仕事が全く進みません。

 

 計画を立てた時は、できるだろうと思っていたのですが、いざ始まってみると全然ダメです。

 

 せっかく作った計画表を見ようともしません。

 

 あなたにはこんな症状ありませんか?

「アスペ」な大人への接し方

 アスペな私はスケジュール管理がほぼできません。

 

 これは脳のワーキングメモリー機能に問題があるからだとされています。

 

 ワーキングメモリー機能とは、なにか一つのことを覚えておいて、必要なときに取り出す機能のことです。

 

 この機能に問題があると、複数のことを同時にできなかったり、ものごとを順序立てて考えることが難しくなったりします。

 

 できれば、同時に複数の案件を与えないようにしていただけると助かります。

 

 私自身も、そのような計画を立てないように注意するようにしています。

 

 最近は、SNSを使って、仲間とスケジュールを共有するようにしました。

 

 いつも見ているので、いつイベントや会議があるのか分かりますし、何より、周りの人にもスケジュールを見てもらえているので、何かあったら、フォローしてもらえます。

 

 1つの仕事に集中しすぎてしまうという過集中も、アスペな私の特徴です。

 

 これには仕事のオンオフをつけることで対応しはじめました。

 

 その日の終わりに、仲間と話して、互いの状況を確認しあっています。

 

 これを始めたことにより、仕事の区切りがついて、別の仕事に意識が向かいやすくなりました。

 

スケジュール管理ができない

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">