アスペルガーと二次障害

 

アスペルガーと二次障害

 アスペルガー症候群の症状だけで病院に通うということは案外少ないものです。

 

 病院に通うきっかけとしては、大きく2つのケースがあります。

 

 1つはLDやADHDといった他の発達障害を併発している場合です。

 

 生活や仕事、学習に支障があり、薬などで症状を抑えるために通院が必要になります。

 

 そして、もう1つは、アスペルガー症候群による二次障害を併発した場合です。

 

 この場合も病院に通う必要があります。

 

 アスペルガー症候群の症状から引き起こされる精神的ストレスにより、さまざまな不調があらわれます。

 

 これがアスペルガー症候群による二次障害です。

 

 アスペルガーの方が受ける精神的ストレスには次のようなものがあります。

  • 「このままではいけない」「もっと頑張らないといけない」といった焦りや不安
  • 「頑固者」「わがまま」という他人からのレッテル貼り
  • 家族などの身近な人からも冷たい態度をとられる
  • 「失敗したらまた怒られる」という気持ちから精神的に追い込まれる

 

 このような精神的ストレスからうつ病や強迫性障害などの精神疾患を発症してしまい、病院へ駆け込むのです。

 

 アスペルガー症候群は二次障害としてさまざまな精神疾患を引き起こします。

 

 このコーナーでは精神疾患ごとに発症の原因や症状を紹介していきます。

 

アスペな大人 監修 精神科医 クラーヴァラ

監修医師より
 「仕事がうまくいかない」「トラブルが多い」といったことからうつ状態になったり、ストレスによる不調が現れたりします。
 そのことをきっかけに受診に来られる方が多いです。
 自ら症状に気づいて受診に来るケースは少なく、症状に見かねた周りの人から受診を薦められるケースがほとんど。
 アスペルガー症候群と診断されると「本当にそうなんですか」と疑われることもあります。

アスペルガーと二次障害記事一覧

アスペルガーと二次障害-うつ病

 アスペルガーの人がうつ病を合併しやすいことは、国際的にも多く報告があがっています。 アスペルガーの特徴的な行動から、まわりから非難を浴び続けたり、失敗が続いたりして、落ち込みがどんどん悪化することで、うつ病になってしまうこともあります。 仕事に気力がなくなり、今まで好きだった趣味もやめてしまったり...

≫続きを読む

 

アスペルガーと二次障害-強迫性障害

 強迫性障害とは湧き上がる不安や不快感に耐えられず、それを払拭するために決まった行動を繰り返すという精神疾患です。 アスペルガー症候群の特徴である”こだわり”が強くなると、強迫性障害に発展することがあります。 また、「失敗したらまた怒られる」という気持ちから、過剰に確認することがクセになってしまい、...

≫続きを読む

 

アスペルガーと二次障害-PTSD

 PTSDとは過去に受けた心の傷(トラウマ)が原因で不安や緊張を引き起こすというものです。 PTSDは主にフラッシュバック、回避行動、過覚醒症状といった症状がみられます。 アスペルガー症候群の人はフラッシュバックがよくあらわれます。 フラッシュバックとはトラウマの原因となった出来事が、ふとした時に一...

≫続きを読む

 

アスペルガーと二次障害-社会不安障害

 社会不安障害とは、社会から受けるストレスのために緊張や不安を覚え、日常生活に支障をきたしてしまうという精神疾患です。 アスペルガー症候群の人は社会不安障害の中でも対人緊張がよくあらわれます。 対人緊張とは人と接すると強い不安や緊張があらわれ、そのために人と接することを避けるようになってしまう症状で...

≫続きを読む

 

アスペルガーと二次障害-睡眠障害

 睡眠障害とは睡眠にまつわる様々な障害です。 アスペルガー症候群の人は睡眠障害のうち、入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒といった不眠症に陥りやすいです。 アスペルガー症候群の人は日頃他人から非難を受けたり、落ち着いて過ごせなかったりするため、不眠症になってしまうことがあります。 なかには子供の頃から不眠を...

≫続きを読む

 

アスペルガーと二次障害-摂食障害

 摂食障害がアスペルガー症候群の二次障害として現れることもあります。 アスペルガー症候群であることにより心理的に疲弊し、拒食症になってしまうこともあります。 また、拒食だけでなく、アスペルガー症候群特有のこだわりや独特な味覚により、同じ種類のものしか食べない、同じものだけしか食べないといった偏った食...

≫続きを読む

 

アスペルガーと二次障害-心身症

 心身症とは、ストレスや不安、悩みなどによって身体に様々な不調が現れる病気の総称です。 胃潰瘍、過敏性腸症候群、緊張型頭痛などがあります。 アスペルガー症候群の人は人間関係でトラブルを起こしやすく、その不安やストレスのために心身症が現れることがあります。 過敏性腸症候群とは、潰瘍やポリープなどの病変...

≫続きを読む

 

アスペルガーと二次障害-自傷行為

 アスペルガー症候群の方の中には、コミュニケーションをとれない憤り、人間関係に対する不安やストレスなどから、自傷行為に及んでしまう人もいます。 自傷行為の代表的なものとしては、薬の大量摂取(オーバードース)、リストカット(腕や手首をカッターなどで切る行為)があります。 アスペルガー症候群の人は子供の...

≫続きを読む

 

アスペルガーと二次障害-二次障害を防ぐためには

 アスペルガー症候群を抱える方にとって、アスペルガー症候群が持つ特性に対処するだけでも大変ですが、いかに二次障害を防ぐかというところも大変重要になってきます 二次障害を防ぐために抑えておきたいポイントを紹介します。理解者を見つける 自分のアスペルガー症候群の特徴的な言動に対して、周りの人全てに理解を...

≫続きを読む

 

カサンドラ症候群

 カサンドラ症候群とは、アスペルガー症候群の方の”配偶者”が、日頃から適切な意思疎通ができないことによって陥る症状です。 アスペルガー症候群本人が起こる症状ではありません。 具体的には偏頭痛やパニック症状などが起こります。 カサンドラ症候群は、日々の憤りが積み重ねで起こってしまう症状です。 そのため...

≫続きを読む

 

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>【医師監修】アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">