アスペな大人の特徴

 

空気が読めない

2018/03/16更新

 アスペな私は「空気が読めない」と言われがちです。

 

 何人かで会話していても興味のないことなら知らんぷり。

 

 退屈そうにしています。

 

 ”この人、話聞いてるのかな”と不審がられるのも嫌なので、「うんうん、そだねー」などと適当に相槌してます。

 

 でもふと話題が思いついたり、ちょっとでも私が興味のありそうな話になると、とたんに臨戦態勢を整えます。

 

 自分の話をしたくてウズウズします。

 

 会話に隙間ができたらすかさず喋りだします。

 

 一方的に私は喋り続けます。

 

 周りの人は「またか」とうんざり。

 

 自分の好きなことを好きなように話すので、周りからは「あの人はKY(空気が読めない)だな」と言われます。

 

 単に鈍感という言い方もできるかも知れませんね。

 

 後から冷静に考えると私が悪いことを理解できるのですが、その場ではどうしても熱くなってしまうのです。

 

アスペな大人 監修 精神科医 クラーヴァラ

監修医師より
 「空気が読めない」というのはアスペな大人の代表的な症状でしょう。

 

 でも人間誰しも完全に空気を読むことなどできません。エスパーでもない限り。

 

 友人や知人には「私の話が止まらなくなったら言ってね」など日頃から伝えておくとよいでしょう。

 

 それでも日常生活や仕事に支障が出るほど「空気が読めない」のなら受診を考えましょう。

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">