アスペルガー症候群は「治る」ことはない

 

アスペルガー症候群は「治る」ことはない

 アスペルガー症候群を含む発達障害の原因ははっきりとは分かっていませんが、脳の先天的または出産時による機能障害に、そもそもの原因があると考えられています。
 そのため、アスペルガー症候群は完全に「治る」病気とはいえません。しかし、環境を工夫していくことでより良い成長を達成できる可能性があります。

 

 また、アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラムは、脳の機能障害に加えて、中枢神経系の異常が関係していると考えられています。中枢神経系とは脳と脊髄を結んでいる神経のことです。言葉や見たもの、味や音などのあらゆる情報を受け取って、それに応じて適切な指令を体の各部位に送ります。行動や生命維持の制御を行っている場所です。この中枢神経系が上手く働かないことにより、脳と体が協調的に連動せず、会話や行動がうまくいかないのです。

 

 発達障害は、薬や治療で「治る」ことはありません。しかし、発達障害の特性を個性ととらえ、長所を伸ばすように成長の過程で教育していくことで、素晴らしい成長をしていく可能性があります。

 

 国は「発達障害者支援法」をつくりました。この法律は、発達障害者が自立や社会参加ができるようになるために、その生活全般にわたる支援や福祉の増進を目的としたものです。また、教育機関においては「特別支援教育」が導入されています。このような制度により、アスペルガー症候群を含めた発達障害者のより良い成長が支援されています。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

アスペルガー症候群は「治る」ことはない関連ページ

アスペルガー症候群は発達障害のひとつ
アスペルガー症候群は発達障害のひとつです。発達障害におけるアスペルガー症候群の定義、特性を紹介します。
発達障害の子どもにみられる行動
発達障害の子どもにみられる行動を紹介します。アスペルガー症候群かもしれないと思っている大人のかたは小さい頃にこのような行動はなかったか思い出してみてください。また、お子さんがいるかたは、このような行動がみられるかチェックしてみてください。
乳幼児期でのアスペルガー症候群の特性の現れ方
乳幼児期でのアスペルガー症候群の特性の現れ方を紹介します。生後すぐ、2~3歳頃、3歳~4歳頃でそれぞれ特徴的な特性が現れます。