乳幼児期でのアスペルガー症候群の特性の現れ方

 

乳幼児期でのアスペルガー症候群の特性の現れ方

 乳幼児期でのアスペルガー症候群の特性の現れ方を紹介します。

 

生後すぐ

 アスペルガー症候群を含む発達障害は、生後すぐでは普通の赤ちゃんとほとんど変わらないと思っていいでしょう。たまに次のような症状が現れることがあります。

  • おなかがすいた時やおむつが濡れた時でも泣かなかったりする。
  • ベッドで寝かされてもぐずったりせずにおとなしくしている。

 しかし、これらが現れたとしてもアスペルガー症候群とは限りません。症状の現れ方はさまざまなので、この時期の症状はあまり参考にしないほうがよいでしょう。

 

2歳~3歳頃

 2歳前後になると、どこか他の子どもと違っているなあと気づき始めます。次のような症状が現れます。

  • 言葉を話さない。
  • 親に共感を示さない(パパ、ママと呼ばない)。
  • ひとりで遊ぶのが好き。ひとりにされても泣かない。
  • 一つのもの(おもちゃ)だけで遊び、それを始めると他のことに興味を示さない。
  • 視線を合わせない。
  • 眠らない。
  • 偏食。

 

3歳~4歳頃

 成長するとさらに症状がはっきりしてきます。次のような症状が現れます。

  • 言葉を覚えない。
  • 他人と交流したがらない。
  • こだわりが強くなる。
  • すぐに癇癪を起こす。

 3歳児健診では、アスペルガー症候群を含む発達障害の検査も行います。親は子どもの様子を聞かれたりします。子どもに対しては、名前や年齢など簡単な質問への応答、色の認識検査など、簡単な発達検査を行います。また、健診会場での子どもと親との関わり、または他の子どもとの関わりを観察されたりします。この3歳時健診で発達障害の傾向があるかを把握できます。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

乳幼児期でのアスペルガー症候群の特性の現れ方関連ページ

アスペルガー症候群は発達障害のひとつ
アスペルガー症候群は発達障害のひとつです。発達障害におけるアスペルガー症候群の定義、特性を紹介します。
発達障害の子どもにみられる行動
発達障害の子どもにみられる行動を紹介します。アスペルガー症候群かもしれないと思っている大人のかたは小さい頃にこのような行動はなかったか思い出してみてください。また、お子さんがいるかたは、このような行動がみられるかチェックしてみてください。
アスペルガー症候群は「治る」ことはない
アスペルガー症候群を含む発達障害は「治る」ことはない障害です。原因が脳の先天的な障害によるためです。しかし、環境を工夫していくことでより良い成長を達成できる可能性があります。