アスペルガーコラム

 

アンディウォーホルはアスペルガー症候群?

2014/05/12更新

 “ミスター・ポップアート”として世界中から尊敬を集めてきたアンディ・ウォーホル。

 

 生前の彼の逸話からアスペルガー症候群だったのではとの見解もあります。

 

  • ピカソが生涯で4000枚描いたことに対抗し、版画のシルクスクリーン(プリントゴッコのような方法)で作品を量産した。
  • 日記には家計簿のように”お金を何に使ったか”ばかり書いてある。
  • 有名な”丸めた札束”の絵は「あなたの好きな物を描いたら?」って言われたから描いた。
  • 古い映画を見て、「出演者はもう皆死んでいるんだと思うとぞっとする」などと評する。
  • 猫をたくさん買ってそのほとんどに同じ名前をつけている。(26匹中25匹がサムという名前)
  • 竜安寺の石庭の何も起こらない美しさに感動し、夕方から深夜まで8時間エンパイアステートビルが映ってるだけの映画「エンパイア」を撮った。また、寝ている人を映しているだけの「スリープ」という映画を撮った。

 

 さまざまな強いこだわりがみられます。

 

 ”丸めた札束”の逸話のように、人の言うことを真に受けてしまうことも多かったようです。

 

 特に同じことの繰り返しに価値を感じていたようです。

 

 テーマやに基づいて一連の作品を作る「連作」は、ウォーホルの特性から生まれたのかもしれませんね。

 

アスペルガー アンディ・ウォーホル

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>【医師監修】アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">


アンディウォーホルはアスペルガー症候群だった?関連ページ

アスペルガー症候群は自閉スペクトラム症に
日本精神神経学会は、精神疾患の病名の新しい指針を発表しました。アスペルガー症候群や自閉症は「自閉スペクトラム症」に統一される見込みです。
アスペルガー症候群であっても落ち込まないようにする
アスペルガー症候群の方は、その生きづらさから落ち込むことも多いでしょうが、あまり深刻に考えないほうがいいでしょう。
アスペルガー症候群は大人になってから気づくことも多い
アスペルガー症候群は子供の頃は気づかなくても大人になってから気づくというケースも多くあります。
ネット依存症に陥ることも
アスペルガー症候群など発達障害の人は、その特性によりネット依存症に陥りやすいという側面があります。
人よりも物に興味を示す-アスペルガーの大きな特徴
アスペルガー症候群の大きな特徴に、人より物に興味を示すというものがあります。この特徴は幼少期から目立って現れます。
地域で支える発達障害
宮城県のニュースを紹介します。宮城県では発達障害に対して、早期に障害を発見し適切に支援できる環境整備を目指すとのことです。
オキシトシン点鼻でアスペルガー症候群に効果
オキシトシン点鼻によってアスペルガー症候群に効果が現れたことを東京大などのチームが発表しました。