アスペルガーコラム

 

人よりも物に興味を示す

2014/11/19更新

 アスペルガー症候群の大きな特徴に、人より物に興味を示すというものがあります。

 

 この特徴は幼少の頃から目立って現れます。

 

 私にも覚えがあります。

 

 5歳だったと思います。

 

 祖父がおもちゃを買ってくれました。

 

 ロボットのようなもので、2つ1組になっており、誰かと対戦して遊ぶおもちゃでした。

 

 ところが私はそのおもちゃには目もくれず、そのおもちゃが入っていた箱ばかりに興味を持ちました。

 

 人と遊ぶことに興味がわかなかったのです。

 

 私は箱に絵を書いたり、折り紙を貼ったりして、何かに見立てたりして、ひとりご満悦でいたと思います。

 

 祖父が「せっかく買ったのに・・・」と残念そうな目をしながら言ったのを覚えています。

 

 また、トランプを使って1人で遊んだりしていました。

 

 トランプを2つの山に分けて、1枚ずつめくって勝負をし、勝った方の山に乗せるなどといったルールを作って、一日中1人で遊んでいました。

 

アスペルガー 一人遊び

 

 友達と会話したり遊んだりすることにそれほどの価値を感じていませんでした。

 

 本を読んだり、都道府県の県庁所在地を覚えたりすることに夢中になっていました。

 

 いま思い返すと、アスペな要素がたくさんありました。

 

 私は大人になって生きづらさを感じたり、日常生活に支障が出てきたので、医師に相談しました。

 

 もし自分がアスペルガー症候群ではないかと思う方は、幼いころの行動を思い返してみるとよいでしょう。

 

 実際に、医師の診断の際にも役に立ちます。

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>【医師監修】アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">


人よりも物に興味を示す-アスペルガーの大きな特徴関連ページ

アンディウォーホルはアスペルガー症候群だった?
“ミスター・ポップアート”として世界中から尊敬されているアンディウォーホルですが、生前の彼の逸話からアスペルガー症候群だったのではとの指摘もあります。
アスペルガー症候群は自閉スペクトラム症に
日本精神神経学会は、精神疾患の病名の新しい指針を発表しました。アスペルガー症候群や自閉症は「自閉スペクトラム症」に統一される見込みです。
アスペルガー症候群であっても落ち込まないようにする
アスペルガー症候群の方は、その生きづらさから落ち込むことも多いでしょうが、あまり深刻に考えないほうがいいでしょう。
アスペルガー症候群は大人になってから気づくことも多い
アスペルガー症候群は子供の頃は気づかなくても大人になってから気づくというケースも多くあります。
ネット依存症に陥ることも
アスペルガー症候群など発達障害の人は、その特性によりネット依存症に陥りやすいという側面があります。
地域で支える発達障害
宮城県のニュースを紹介します。宮城県では発達障害に対して、早期に障害を発見し適切に支援できる環境整備を目指すとのことです。
オキシトシン点鼻でアスペルガー症候群に効果
オキシトシン点鼻によってアスペルガー症候群に効果が現れたことを東京大などのチームが発表しました。