「アスペ」な大人

 

学習障害

2013/05/01更新

 学習障害とは、基本的には知的な遅れはないにも関わらず、特定の学習のみが極めて困難であるという障害です。

 

 「読字障害」、「書字障害」、「読み書き障害」(ディスレクシア)、「算数障害」が代表的です。

 

アスペルガー 学習障害

 

 学習障害の人は聞いたり話したり、推論したり、推考したりすることがうまくできません。

 

 それによって、コミュニケーションがうまくとれないケースも多くあります。

 

 こうして起こるコミュニケーション不全がアスペルガー症候群の症状と似ている部分です。

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>【医師監修】アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">


学習障害-アスペルガーと間違いやすい病気関連ページ

ADHD
アスペルガーと間違いやすい病気とその違いについて説明します。このページではADHDとアスペルガーの違いについて説明します。
統合失調症
アスペルガーと間違いやすい病気とその違いについて説明します。このページでは統合失調症とアスペルガーの違いについて説明します。
強迫性障害
アスペルガーと間違いやすい病気とその違いについて説明します。このページでは強迫性障害とアスペルガーの違いについて説明します。
統合失調型パーソナリティ障害
アスペルガーは統合失調型パーソナリティ障害と症状が似ています。現在、統合失調型パーソナリティ障害の人の多くはアスペルガー症候群と診断されています。