アスペルガー診断基準

 

アスペルガー診断基準

2013/10/18更新

 アスペルガーの診断基準です。DSM-IVに基づく世界標準です。

 

A.以下のうち少なくとも2つにより示される対人的相互反応の質的な障害
(1)目と目で見つめ合う、顔の表情、体の姿勢、身振りなど、対人的相互反応を調節する多彩な非言語的行動の使用の著明な障害
(2)発達の水準に相応した仲間関係を作ることの失敗
(3)楽しみ、興味、達成感を他人と分かち合うことを自発的に求めることの欠如(例:他の人達に興味のある物を見せる、持って来る、指差すなどをしない)
(4)対人的または情緒的相互性の欠如

 

B.行動、興味および活動の、限定的、反復的、常同的な様式で、以下の少なくとも1つによって明らかになる。
(1)その強度または対象において異常なほど、常同的で限定された型の1つまたはそれ以上の興味だけに熱中すること
(2)特定の、機能的でない習慣や儀式にかたくなにこだわるのが明らかである
(3)常同的で反復的な衒奇的運動(例:手や指をぱたぱたさせたり、ねじ曲げる、または複雑な全身の動き)
(4)物体の一部に持続的に熱中する

 

C.その障害は社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の臨床的に著しい障害を引き起こしている

 

D.臨床的に著しい言語の遅れがない(例:2歳までに単語を用い、3歳までにコミュニケーション的な句を用いる)

 

E.認知の発達、年齢に相応した自己管理能力、(対人関係以外の)適応行動、および小児期における環境への好奇心について臨床的に明らかな遅れがない

 

F.他の特定の広汎性発達障害または統合失調症の基準を満たさない

 

アスペルガー DSM 診断基準

正確な診断には専門医での受診が不可欠

 DSM-IVのアスペルガー症候群の基準は、なかなか難しい文章ではあります。

 

 簡単にまとめると、社会性の無さ、コミュニケーション能力の欠如、異常なこだわりがあり、それでいて知的障害がないものをアスペルガーだとしています。

 

 統合失調症でないことも診断基準のひとつです。

 

 こうしてみると、やはり正確な診断には専門医での受診が不可欠であることがわかります。

 

 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

”生きにくさ”を感じるようなら医療機関へ

 このサイトを見て自分もしくは配偶者や家族など、身近な人がアスペなのでは?と思う方がいるかもしれません。

 仕事や日常生活に支障をきたすほど”生きにくさ”を感じるようでしたら病院で診てもらいましょう。

 大切なのは自己判断しないことです。正確な診断は医療機関で行われます。
 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 また、仕事が続かない、うまくできないといった悩みを抱えた方のために就労支援機関が設けられています。
 =>「アスペな大人」に向いている仕事や就労支援


data-ad-client="ca-pub-0638394725831628"
data-ad-slot="9489632137">


アスペルガー診断基準関連ページ

アスペルガーと診断されました-とある学生の手記
アスペルガーと診断されたある学生の手記を本人の了解を得て公開します。
アスペルガー診断テスト
アスペルガーの診断テストです。
【体験談】アスペルガー症候群ではないかと心配した両親が病院を勧めてくれた
私を見て心配した両親が健康本や医学書を読み、私がアスペルガー症候群ではないかと疑い、病院で受診することになりました。