「アスペ」な大人

 

統合失調型パーソナリティ障害

 統合失調型パーソナリティ障害は、境界性パーソナリティ障害自己愛性パーソナリティ障害などと同列で、パーソナリティ障害の一つです。

 

 主な症状としては、「奇妙な思考や行動」「自分に特殊能力があると信じる」などです。妄想癖があるものの、統合失調症とまではいかず、周りからは風変わりな人だと思われています。
 独特な思考や行動がアスペルガー症候群の症状と似ています。感性の豊かさを活かして、芸術家や占い師などとして活躍する人もいます。

 

 現在では、統合失調型パーソナリティ障害はアスペルガー症候群と診断されることが多いです。それは、アスペルガー症候群の方が社会的に受容されているからです。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

統合失調型パーソナリティ障害-アスペルガーと間違いやすい病気関連ページ

ADHD
アスペルガーと間違いやすい病気とその違いについて説明します。このページではADHDとアスペルガーの違いについて説明します。
統合失調症
アスペルガーと間違いやすい病気とその違いについて説明します。このページでは統合失調症とアスペルガーの違いについて説明します。
強迫性障害
アスペルガーと間違いやすい病気とその違いについて説明します。このページでは強迫性障害とアスペルガーの違いについて説明します。
強迫性障害
アスペルガーと間違いやすい病気とその違いについて説明します。このページでは学習障害とアスペルガーの違いについて説明します。