「アスペ」な大人

 

統合失調症

 統合失調症は考えをつなぐ働きが失調する病気です。統合失調症は、幻覚や妄想、会話が難しい、感情の起伏がないといった症状が特徴的です。興奮状態になって奇異行動をしたりする人もいれば、ひきこもりになる人もいます。
 =>統合失調症の症状、診断、原因、治療

 

 特に、話がまとまらなかったり、発想が飛躍したりする症状はアスペルガー症候群の症状と似ています。そのため、アスペルガー症候群の人が統合失調症と誤診されることも少なくありません。

統合失調症とアスペルガー症候群の違い

 以下に、統合失調症とアスペルガー症候群の特徴的な違いを紹介します。

 

幻聴におけるアスペルガーと統合失調症の違い

アスペルガーの人

 突然、記憶を思い起こすことがあります。それが幻覚の一種である幻視と間違われることがあります。

統合失調症の人

 統合失調症の人は、「死ね」「食べるな」「やめろ」といった声が聞こえる幻聴が多く現れます。

 

妄想におけるアスペルガーと統合失調症の違い

アスペルガーの人

 いやな記憶を突然思い出すことがあります。それが妄想に間違われることがあります。

統合失調症の人

 幻聴が原因で、被害妄想を引き起こします。

 

会話が難しいことについて、アスペルガーと統合失調症の違い

アスペルガーの人

 関心のあることにしか興味がわかないため、会話が脱線しやすくなります。

統合失調症の人

 思考がうまくまとまらず、話していることが支離滅裂に受け取られます。

 

感情の起伏がないことについて、アスペルガーと統合失調症の違い

アスペルガーの人

 感情の表し方がよく分からないので無表情になります。

統合失調症の人

 症状が進むと内に引きこもるようになり、そのため表情が乏しくなります。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

統合失調症-アスペルガーと間違いやすい病気関連ページ

ADHD
アスペルガーと間違いやすい病気とその違いについて説明します。このページではADHDとアスペルガーの違いについて説明します。
強迫性障害
アスペルガーと間違いやすい病気とその違いについて説明します。このページでは強迫性障害とアスペルガーの違いについて説明します。
強迫性障害
アスペルガーと間違いやすい病気とその違いについて説明します。このページでは学習障害とアスペルガーの違いについて説明します。
統合失調型パーソナリティ障害
アスペルガーは統合失調型パーソナリティ障害と症状が似ています。現在、統合失調型パーソナリティ障害の人の多くはアスペルガー症候群と診断されています。