「アスペ」な大人

 

強迫性障害

 強迫性障害は、何かの考えにとらわれ、それを解消するための行為を繰り返してしまう病気です。手洗いや戸締まりなど、ひとつのものごととらわれてしまいます。
 特定のものに対して頑固になったり、強くこだわったり、一定の行動を繰り返したりする点が、アスペルガー症候群と似ています。

 

アスペルガー症候群の症状 似ている強迫性障害の症状
ものを何でもとっておく ごみが溜まり日常生活がままならなくなる
家に帰ると着ていた服をすぐに洗濯機に入れる ちょっとでも汚れた服は捨てる
ものの位置にこだわる 財布の中身がきちんと揃っているか気になって仕方ない

強迫性障害とアスペルガー症候群の違い

 上記のようにアスペルガー症候群と強迫性障害は似ている部分があります。
 しかし、強迫性障害の場合は、日常生活に支障をきたすほど酷い症状が現れます。

 

 例えば、汚染を恐れるあまり外出ができなかったり、ゴミを溜めることにこだわって”ゴミ屋敷”になってしまったりします。

 

 詳しくは=>強迫性障害の様々な症状

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

強迫性障害-アスペルガーと間違いやすい病気関連ページ

ADHD
アスペルガーと間違いやすい病気とその違いについて説明します。このページではADHDとアスペルガーの違いについて説明します。
統合失調症
アスペルガーと間違いやすい病気とその違いについて説明します。このページでは統合失調症とアスペルガーの違いについて説明します。
強迫性障害
アスペルガーと間違いやすい病気とその違いについて説明します。このページでは学習障害とアスペルガーの違いについて説明します。
統合失調型パーソナリティ障害
アスペルガーは統合失調型パーソナリティ障害と症状が似ています。現在、統合失調型パーソナリティ障害の人の多くはアスペルガー症候群と診断されています。