「アスペ」な大人

 

対人関係を築くのが困難

 アスペルガー症候群の特性には、対人関係を築くのが困難というものがあります。
 良好な対人関係を気づくことは社会生活をするうえで必要なものです。しかし、アスペルガー症候群には、これが難しいため、社会性が身につかないという特徴があります。
 具体的な特徴には次のようなものがあります。

 

  • 相手のことを考えず、自分のペースで行動する。
  • 一方的に話す。
  • 視線を合わせない。
  • TPOに合わせた服装や言動をしない。
  • 人の表情を読めない。
  • 相手の意図を察することができない。

 

 このような特徴があるため、配慮が足りない、自分勝手、マナーやルールを守らない人などと見られてしまい、相手を怒らせたり、敬遠されてしまったりします。

 

いわゆる”コミュ障”として表面化することも多い

 このようなコミュニケーション不全により、周りの人からはいわゆるコミュ障とレッテルを貼られてしまうことも少なくありません。
 コミュニケーション不全は双方のちょっとした工夫で治ることもあります。しかし、アスペルガー症候群の人の場合は、脳の機能障害による特性ですので、簡単には治りません。
 また、安易にコミュ障と決めつけてしまうことで、その原因であるアスペルガー症候群に気づかないこともあります。

人と親しくなりたい気持ちがない

 そもそも、アスペルガー症候群の人は、人と仲良くなりたいという気持ちを持っていません。
 孤立していても、寂しくもなく苦痛も感じません。
 この傾向は子供のころから見られます。大人になると社会性が求められるので問題になってくるのです。

 

 また、アスペルガー症候群の特徴的な対人関係にはいくつかのパターンがあります。=>アスペルガーのタイプ
 タイプを知っておくことで、アスペルガー症候群の理解が深まります。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

対人関係を築くのが困難-アスペルガー症候群の特性関連ページ

行動の強いこだわり-アスペルガー症候群の特性
アスペルガー症候群の特性に、行動の強いこだわりがあります。
感覚が正常に働かない-アスペルガー症候群の特性
アスペルガー症候群の特性に、感覚が正常に働かないというものがあります。
アスペルガー症候群は特性か個性か?
アスペルガー症候群の人は「対人関係を築くことが困難」「行動の強いこだわり」といった特性が現れます。しかし、これは見方を変えれば個性とも言えるものです。特性と個性、この線引はどうやってできて、どう向き合えばいいのでしょうか。