「アスペ」な大人

 

行動の強いこだわり

 アスペルガー症候群の特性に、行動の強いこだわりがあります。
 興味や行動の範囲が極端に限定されています。これは想像力の欠如に直結していて、予測が苦手だったり、変化を嫌ったりします。柔軟な考えができず、不足な自体にも対処できなかったりするので、仕事や家事でも苦労することが多いです。
 具体的な特徴には次のようなものがあります。

 

  • 予定外のことが起こると混乱する。
  • 物の位置、道順、手順などにこだわり、ちょっとでもずれることに抵抗がある。
  • 興味のあることには時間を忘れるほど集中し、知識も詳しいが、応用は効かない。

 

 このような特徴のため、頑固者だと思われたり、マイペースで自分勝手と思われたりします。柔軟性に欠け、臨機応変な行動をとれないので、安心して仕事を任せられなかったりします。

生活にも支障がでる

 こだわりが強すぎることで生活にも支障がでてきます。
 全てのお金をつぎこんでしまうほど趣味にはまったり、毎日の習慣がちょっとでもくるうとパニックを起こしてしまったりします。

常同性につながる

 行動の強いこだわりは「常同性」につながります。同じ行動を繰り返すというものです。
 道順にこだわるのもその一つの表れです。いつもの道が工事中で通れないと、目的地に着けないのではと不安になり、パニックに陥ることもあります。

 

 仕事においても同じ手順を踏むことにこだわります。少しでも違ったやり方をすると失敗するのではと不安になります。まじめに集中して仕事するという面では良いのですが、新しいやり方を受け入れることが難しく、効率化の妨げになることも少なくありません。

 

 座席や物の位置にもこだわりがあります。いつも同じ席に座ることにこだわります。先に誰かに座られていると、言い争いになることもあります。また、自分の物がちょっとでも移動されると、激しく憤りを感じ、トラブルに発展することもあります。こういった人が上司になるとモラハラ(精神的DV)につながってしまうこともあります。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

行動の強いこだわり-アスペルガー症候群の特性関連ページ

対人関係を築くのが困難-アスペルガー症候群の特性
アスペルガー症候群の特性には、対人関係を築くのが困難というものがあります。
感覚が正常に働かない-アスペルガー症候群の特性
アスペルガー症候群の特性に、感覚が正常に働かないというものがあります。
アスペルガー症候群は特性か個性か?
アスペルガー症候群の人は「対人関係を築くことが困難」「行動の強いこだわり」といった特性が現れます。しかし、これは見方を変えれば個性とも言えるものです。特性と個性、この線引はどうやってできて、どう向き合えばいいのでしょうか。