アスペルガー症候群にまつわる体験談

 

出産してから症状が辛くなった

30代女性

 

担任から注意の電話が度々かかってきたが母は気にしなかった

 子どもの頃は活発で元気、男の子によく間違われるいわゆるおてんばでした。
 父は自営業、母はその手伝いと主婦業。
 わたしは父が30才をすぎて生まれた長女でもあり、厳しくしつけられつつも甘やかされて育ちました。ちなみに5才づつ離れた弟が2人います。
 自営で事務所が家の敷地内だったのもあり、人の出入りが常に多い家庭環境でしたがなぜか人見知りが激しく、それは現在もです。
 学生生活は表面上は明るくふるまっていましたが団体行動と授業がとにかく苦痛でした。
 みんながふつうにできること(勉強、整頓、あやとり、トランプなど)もなぜかうまくできなかったり楽しめないことが多かったです。
 そのせいでクラスメイトにからかわれたり、教師に叱られ嫌われてしまうことも多々で内心ビクビクしていました。
 忘れものや授業に集中できないことも多く、家に担任からよく注意の電話がかかってきていたのを憶えています。
 しかし母は「個性だから」となぜか気にしていませんでした。

 

子どもを産んでから人付き合いが極度に苦痛になった

 高校卒業し、岐阜から名古屋に出てひとり暮らしをはじめました。
 様々なバイトをしましたが、数字が絡む仕事(レジ、その場で見積的なものをだす販売や営業、データー処理など)が無理でした。
 頭が混乱してくるのと、ひとつ間違えるとテンパってしまいミスを連発してしまうのです。
 もともと数学が苦手ということはないのですが、数式ではなく現金などだとこんがらがってしまうのです。
 レジをすれば千円単位のロスをだす、データ処理をすれば慎重にやっても必ずミスがでるのでお金や数字を扱う仕事は諦めました。
 余裕をもった行動ができずいつも遅刻ギリギリだったり、苦手な人がいる場に入って行けなかったりもしました。
 一対一だと気さくに話せるのにちょっとでも苦手な人、無反応の人、するどいツッコミを入れる人がいる場が病的に苦手でした。
 大勢だと一言もしゃべれなくなるので人間関係もぎくしゃくしがちでした。
 戸惑ったり、人を戸惑わせることが多すぎるので社会人生活はストレスが毎日激しかったです。
 28才で結婚、30才で息子を出産しました。
 仕事は辞めて専業主婦になりました。
 結婚当初は苦手な人との深い付き合いがないのと、イレギュラーなことを頼まれたりやらなくてはいけない義務がないのでとてもラクで内心ホッとしていました。
 しかし、妊娠出産して一変しました。
 子ども絡みでのお付き合いや外出が増え、そのたびうまく振る舞えなかったり失敗し、人付き合いが極度に苦痛になったのです。
 不安すぎて眠れなかったり吐き気や腹痛があり日常生活に支障をきたすようになったので、心療内科を受診するに至りました。

 

睡眠薬や緊張を和らげる薬を処方された

 じぶんではなんとなく鬱かパニック障害だと思っていました。
 精神科はこわかったので心療内科に絞り、歩いて通える個人の小さな病院を中心に探し初診を受けました。
 近隣に大学病院もあるのですが、順番待ちが長いのと精神的な病で通院することが誰かにバレたくないので、小さな病院にしました。
 初診では臨床心理士による面談と○×式のペーパーテスト、紙に実のなった木を描くというテストをしました。
 その後、精神科医の診察を受け「アスペルガー症候群の可能性が極めて高い」という診断をうけました。
 2週もしくは3週に1度通いカウンセリングを受けました。
 内容は主に日常の行動についてだったり、人と付き合ううえでの戸惑いや不安についてです。
 主人も同伴し注意点などについても説明を受けたことがいちばんよかったと思います。
 というのもお金の管理がうまくできず「頭が悪いな」となじるのをやめてくれたからです。
 また、ときにコミュニケーションがスムーズにいかずケンカになっていたのが、お互い一呼吸おけるようになったからです。
 わたしの通う心療内科は投薬治療がメインです。
 睡眠薬と緊張をやわらげる薬(メイラックス、ロラゼパム)を処方されています。
 戸惑いや緊張を伴う場面で服用することで日常生活を送れています。

 

無理せず、できることをしていくスタンスを貫く

 初診から約6年程が経ちました。
 現在は自分が無理なくできること、ストレスになりすぎて日常生活に支障をきたさないことを選んでやるようにしています。
 ちなみに現在の通院ペースは月1です。
 仕事なら在宅でできるもの、短時間で不特定多数の人とかかわらなくてもいいパートや短期アルバイトを選んでいます。
 PTA行事やママ友付き合いなどは極力セーブしています。
 ストレスが溜まりやすかったり、とんでもないミスをしてしまうからです。バザーの集計で計算ミスをだして不審がられたり単純作業でミスをしてしまったり・・・。
 それをカバーしようとちんぷんかんぷんのことを言ってしまったり、クヨクヨ引きずってしまうためとにかく回避です。
 アスペルガーということがわかり必要以上にじぶんを責めなくなったことと無謀なチャレンジをしなくなったのがよかったです。
 幸いわたしは比較的軽度らしいです。
 でも違和感や戸惑いを常に感じたり余計なことを言ってハッとしたり、人がふつうにできることができずクヨクヨしたりします。
 薬で治る病気ではなく抱えて付き合っていく病だと思うので無理せずできることをがんばるというスタンスで生きて行きたいです。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

アスペルガー症候群の体験談「出産してから症状が辛くなった」関連ページ

息子がアスペルガー症候群と診断されました
アスペルガー症候群にまつわる体験談を紹介します。受診や治療の参考にしてください。
どうもおかしいと感じていたところアスペルガー症候群だと判明した
アスペルガー症候群にまつわる体験談を紹介します。受診や治療の参考にしてください。
お付き合いしていた人がアスペルガー症候群でした
アスペルガー症候群にまつわる体験談を紹介します。受診や治療の参考にしてください。
アスペルガー症候群の幼馴染
アスペルガー症候群にまつわる体験談を紹介します。受診や治療の参考にしてください。
彼氏がアスペルガー症候群です
アスペルガー症候群にまつわる体験談を紹介します。受診や治療の参考にしてください。
アスペルガー症候群であることを自覚したおかげで以前よりも楽に
社会に出てからは空気が読めないというのが想像以上に障害となることが多かったのです。そこで初めて自分でも少しおかしいと考え、病院で相談することにしたのです。
同僚がアスペルガー症候群です
アスペルガー症候群を身近で知ることができました。職場の同僚の中にアスペルガー症候群の診断を受けていた人がいたのです。
アスペルガー症候群は社会に出てから苦労する
アスペルガー症候群は一つの事に集中すると周りのものが全く気にならないという性質があります。そのため、社会に出てから一般企業で働く際、仕事の優先順位を決めることができません。
アスペルガー症候群として社会に適応して生きていく
アスペルガー症候群であっても「たいしたことないよね」と受けとめられてしまうのがアスペルガー症候群の現状です。
アスペルガー症候群ではないかと心配した両親が病院を勧めてくれた
私を見て心配した両親が健康本や医学書を読み、私がアスペルガー症候群ではないかと疑い、病院で受診することになりました。
私なりのアスペルガー症候群との向き合い方
「アスペルガーだから治らない」と諦めてはいけません。症状の改善、および生活や仕事の質向上を治療の目標に置くと良いでしょう。
アスペルガー症候群を疑った友人が私の背中を精神科へ押してくれた
私のことをアスペルガー症候群ではないかと指摘したのは、医療に詳しい私の親友でした。
アスペルガー症候群の患者さんに勇気づけられた話
落ち込んでいる私の隣に患者さんがすっと座り、笑顔をくれました。
英会話教室の同僚がアスペルガー症候群でした
かつて務めていた英会話教室には30代のアメリカ人男性の先生がいました。彼のレッスンや行動に周囲は大変悩まされました。
同学年の子が急な予定変更に暴れだした
私の通っていた中学校には特別学級がありました。そこには様々な障害を抱える生徒たちが在籍していました。
アスペルガー症候群の同僚を周りのみんなでサポートした
私が営業マンとして働いていた時、同じ部署にあまり仕事ができない20代後半の男性がいました。
父がアスペルガー症候群でした
父が典型的なアスペルガーでした。当時はアスペルガーという言葉もなかった時代で、身勝手な父の行動には本当に悩まされました。
かけっこのピストル音が苦手な幼稚園の男の子
私が保育園に通っていた頃、クラスメイトにアスペルガー症候群の男の子がいました。
ぐちゃぐちゃに触ってから食べる私の子ども
2歳前から様々なこだわりが目立ってきて、所構わず泣き叫び本当に大変な毎日でした。
幼い弟は早くからアスペルガーと診断されました
私の弟はまだ物心がつく前にアスペルガーと診断されました。
娘がアスペルガー 注意しつつ個性を大事にしています
我が家の次女は、アスペルガー症候群の傾向があります。私の父が典型的なアスペルガーで、私自身もアスペルガー的な思考を理解できる部分があるので、ああこの子もそうか…と幼少期から気が付くことができました。
アスペルガーの友人は幼稚園のころに色々対処してもらった
友人がアスペルがー症候群と診断されたそうです。保育園に通って集団生活をしてからその症状が顕著に現れたそうです。
アスペルガーの息子を自活できるようにした
息子がアスペルガーで、現在も治療中です。
アスペルガー症候群の体験談「カウンセリングと服薬でゆっくりと改善を目指していく」
私は現在フリーターをしております。定職についたことは一度もありません。なぜなら他人の言葉や感情をうまく読み取れず、すぐにいざこざを起こしてしまい、仕事を辞めてしまうからです。
アスペルガー症候群の体験談「冷たい人間と認識されイジメを受けてきた」
子供時代には友達ともちろん遊んでいたのですが、私は子供時代から友達が怪我をしたり泣いているのを見ても、「友達が泣いている理由や痛がっている理由」がよく分からず、友達をほったらかしにして遊んでしまう事がよくありました。
アスペルガー症候群の体験談「カウンセラーと対策を構築していった」
一言にアスペルガー症候群といっても、個々で症状には差があります。私の症状にあった対処療法をカウンセラーと共に「こういうケースでは、こうしてみましょう」という感じで考えていきました。
アスペルガー症候群の体験談「同級生に怪我を負わせてしまった」
私は小学5年生の時に、私の事をイジメていた同級生の子にひどい怪我を負わせてしまいました。警察、児童相談所に連れられて行き、最終的には児童相談所経由で埼玉県内の精神病院の小児精神科に親に連れられて行きました。
アスペルガー症候群の体験談「同じ病気で苦しむ人達を知り、頑張ろうと思った」
私の今までの行動が、アスペルガーの症状に似ていると友達から指摘を受けました。そして、私はインターネットで調べ、自分の体験がアスペルガーと似ていることに気づきました。それをきっかけに病院で治療をしようと思ったのです。
アスペルガー症候群の体験談「治療しながら自分にできることを探していく」
私は身内に発達障害やアスペルガーの症状がある人がいませんでした。そのため、子供の頃は周りの人達に「あの子は変わった子供だ」くらいに思われていたようです。
アスペルガー症候群の体験談「治療を放棄し周りのサポート任せにしてしまった」
子供の頃から人と関わるのが苦手で、友達関係は非常に狭かったです。同年代の子供と一緒に遊ぶときも、子供たちの輪から自然に一人だけふらりと離れてしまい、関わりを避けることが多かったです。
アスペルガー症候群の体験談「ソーシャルスキルを学んで改善した」
良く知っている知人ですが、本人の特徴はアスペルガーだと言われなければ分からない程度で、そこまで普通の人との違いは感じませんでした。ですが、やはりちょっと変わってるなと感じた事はあります。
アスペルガー症候群の体験談「出来る範囲で頑張るよう考えが変わった」
医師から紹介してもらった、心理カウンセラーのイベントや講義に参加し、対処法を学び始めました。症状と上手く付き合えば普通の人と同じように仕事も恋愛も出来ることを教わりました。
アスペルガー症候群の体験談「私に起きたアスペルガーの症状や行った治療方法」
私に起きたアスペルガーの症状や行った治療方法を紹介します。
アスペルガー症候群の体験談「上司や同僚に病気を理解してもらった」
私が大人になってからアスペルガー症候群の傾向を強く感じるようになりました。仕事では上司から指示を受けても、具体的に手順を説明してくれないと仕事をすることが出来ませんでした。
アスペルガー症候群の体験談「診断されたことが新しい生き方のきっかけとなった」
アスペルガー症候群と診断されて困惑しました。でもこうして診断されたことが、自分らしく生きていくヒントになったのです。
アスペルガー症候群の体験談「お金の管理ができない」
就職して給料をもらうようになってから、自分がいくらもらっているのは全く把握出来ていませんでした。
アスペルガー症候群の体験談「治療と転職で症状が安定した」
治療のおかげで、比較的安定した気持ちで過ごすことができています。以前の職場は接客業でしたが、現在はウェブデザイナーとして働いています。
アスペルガー症候群の体験談「自分にあった仕事のスタイルを見つけた」
雇用の場で労働者としてのカタチで働くスタイルを辞めました。その代わり、自営業者としての仕事場を立ち上げました。
アスペルガー症候群の体験談「大学のサークルが救いとなった」
救いになったのは、近所の大学のサークルに入ったこと。みんな良い人で、「自分は嫌われないこともあるんだ」と自信になりました。
アスペルガー症候群の体験談「40歳の長男の話」
40歳の長男の話です。