アスペルガーコラム

 

ネット依存症に陥ることも

 アスペルガー症候群を含む発達障害の人は、その特性によりネット依存症に陥りやすいという側面があります。

 

 自分の思っていることを上手く伝えられない、他人のことを理解できないという特性から、たびたび対人関係で問題を起こします。このことからリアルのコミュニケーションではなく、ネットのコミュニケーションに楽しみを求めるようになります。

 

 アスペルガー症候群の人は、まわりの空気を読むことも苦手です。その点、ネットなら画面上の表示で状況やステータスがわかるので、比較的周囲に合わせることができます。

 

 さらに、ものごとへの異常なこだわりが、インターネットをやりつづけてしまう大きな要因になるのです。

アスペルガー症候群の診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>アスペルガー症候群の大人が行く病院

 

ネット依存症に陥ることも関連ページ

アンディウォーホルはアスペルガー症候群だった?
“ミスター・ポップアート”として世界中から尊敬されているアンディウォーホルですが、生前の彼の逸話からアスペルガー症候群だったのではとの指摘もあります。
アスペルガー症候群は自閉スペクトラム症に
日本精神神経学会は、精神疾患の病名の新しい指針を発表しました。アスペルガー症候群や自閉症は「自閉スペクトラム症」に統一される見込みです。
アスペルガー症候群であっても落ち込まないようにする
アスペルガー症候群の方は、その生きづらさから落ち込むことも多いでしょうが、あまり深刻に考えないほうがいいでしょう。
アスペルガー症候群は大人になってから気づくことも多い
アスペルガー症候群は子供の頃は気づかなくても大人になってから気づくというケースも多くあります。
人よりも物に興味を示す-アスペルガーの大きな特徴
アスペルガー症候群の大きな特徴に、人より物に興味を示すというものがあります。この特徴は幼少期から目立って現れます。
地域で支える発達障害
宮城県のニュースを紹介します。宮城県では発達障害に対して、早期に障害を発見し適切に支援できる環境整備を目指すとのことです。
オキシトシン点鼻でアスペルガー症候群に効果
オキシトシン点鼻によってアスペルガー症候群に効果が現れたことを東京大などのチームが発表しました。